« 内省するロリコンマンガ『... | 誰がために戦う?-『コー... »

内省するロリコンマンガ『コミックLO』の危ういバランス (2/3)【ドネルモアーカイブ】


テキスト:山内 泰

pinoko1.gif


多くの論者が指摘するように、80年代から現在まで活躍しているロリータ系マンガ作家の多くが、手塚治の幼女表象(独特の丸みを帯びた絵柄)にエロスを感じ、影響を受けているという。つまり、手塚のマンガで欲情を喚起していたのは、〈ぷにっとした絵柄そのもの〉なのである。

(右画像は手塚『ブラックジャック』のピノコ。キャラ造形のみならず、手塚がピノコに与えたキャラ属性は、恐ろしいまでに先駆的。)

【現代日本のロリコン:過渡期について】
この手塚の絵柄に影響を受けた作家たちが、ロリコンマンガを自覚的に追求し始めたのが70年代末から80年代で、その代表的作家のひとりとして、吾妻ひでおが挙げられよう。

もっとも吾妻ひでおの発言を聞くと(AERA2006)、80年代初頭の日本において、ロリコンはあくまで、アングラとして成立し、表現力・影響力を持っていたのだという。吾妻によれば、たとえ〈幼女〉という記号への欲情であっても、その記号の背後には〈現実の幼女〉が性的対象として常に意識されていたらしい。当時、ロリコン的な記号表現は現実の少女との対応関係をなお保っており、それゆえに、ロリコンマンガはアングラとして強度をもった表現足りえたのだ、と。だから、メジャー化した今日のアキバはけしからん、と。

つまり、当時では、記号に見出された欲情が、現実の少女との対応関係において、背徳的なエロスを喚起していた。「禁止の侵犯」という点ではナボコフ的なロリコンと一致するものの、欲情の順番が〈記号→現実〉となっている点で、ナボコフ的なロリコンとは一線を画する。ここに、ナボコフ的なロリコンモデルから、日本特有のロリコンモデルへの過渡期の状況を確認することができる。

【現代日本のロリコン:記号への欲情】
やがて80年代を通じて、記号そのものに欲情する感性は、マンガの領域のみならず、日本社会全域に浸透してゆく。〈普通の女の子〉という記号がアイドル視されたおニャン子クラブを経由して、記号に欲情する感性が庶民レベルに移行したことを象徴するのが、90年代のブルセラ少女の誕生だろう。

自分の身体に価値があるのではなく、自らが帯びている「女子高生」という記号性にこそ価値がある。この構造を女子高生が見抜き、自らの帯びる記号の積極的運用を企図したのがブルセラであったと、宮台シンジは当時言っていた。宮台の指摘は、とても重要だ。ここに認められるのは、記号を身にまとうことで、はじめて性的対象として流通するという日本独自の構造である。

この日本の構造においては、少女のうちに大人の女性を見出すというナボコフ的ロリコンは成立しえない。というのも、ナボコフ的ロリコンは現実の成人女性(肉体性)への性的欲情を前提とするが、現在のロリコンたちが欲情するのは記号そのものであって、女性の肉体性ではないからである。

このような意味で、現実との対応関係を欠いたまま、いわば「明朝体に欲情する」現代日本のロリコンは、ナボコフ的なロリコンとは決定的に異なると、さしあたり考えることができよう(*1)。更に、記号の次元に留まるという点で、現実の女子高生が大好きなおっさんや、リアルにペドフィリアな方々とも、区別されるべきだろう。

ナボコフ的ロリコンから、80年代ロリコンを経て、現代日本のロリコンへ至る系譜を、本稿の問題意識から言い直せば、「禁止の侵犯」に欲情するあり方から、「記号そのもの(キャラ)」に欲情するあり方への変遷である。現代日本のロリコンは、〈現実の少女〉にではなくて、〈「少女」という記号〉そのものに欲情する、というのがポイント。

だから、現在日本のロリコンは、「禁止の侵犯」による背徳感にも、エロティックな魅力をほとんど感じないだろう。LOに掲載されるマンガの多くが和姦であって、レイプ系・鬼畜系が少ないことからも伺えるように、LO読者が欲情するのは、記号化された少女(キャラ)のラブラブな性生活である。

そう考えると、記号が性的対象となっている日本において、LOのようなロリコン・マンガはたやすく流通するようにも思える。だが、実際にLOに対する風当たりは強く、LOは紙面で度々存続の危機を訴えている。おそらく、次のような理由からだろう。

【構造と反応のズレ】
構造としては、現実ではなく記号に欲情する今日のロリコン的感性は、しかし実際の日本社会では、あくまで現実との影響関係において捉えられてしまう。つまり、ロリコンは〈現実の少女が好きだから〉LOを読んでいる、と捉えられてしまうのだ。

これはLO読者からすれば誤解も甚だしい、のかもしれない。が、一般社会から見れば、なんだかんだ言っても、LO読者はぺドフィリア予備軍と認知されてしまうだろう。これは、なんとも困った状況である。(さらに3/3に続きます。)

***

(*1):ちなみに「記号に欲情する」のは、オタクやロリコンだけの話ではないだろう。「熟女が好き」っていう男性も、「男は収入と学歴」とか思ってる女性も、みなさん、まずは「熟女」「高学歴」といった記号に萌え、それをたまたま現実の人間に適用しているだけなのだ。このように、実体よりも記号が先行するあり方へと移行したことが、つまりは消費社会になったということだと思われる。

【update date 2009/2/15】


10/01/31 09:51 | コメント(3) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 内省するロリコンマンガ『... | 誰がために戦う?-『コー... »

関連記事

| 内省するロリコンマンガ『コミックLO』の危ういバランス(3/3)【ドネルモアーカイブ】 | 内省するロリコンマンガ『コミックLO』の危ういバランス(1/3)【ドネルモアーカイブ】 | [2011.06.25] donnereco vol.1 いくえみ綾 『潔く 柔く』 | 別冊ドネルモ/トークライブ 《「ヘタリア Axis Powers」みんなで世界会議 in 福岡》 | 別冊ドネルモ 《ぼくたちの志村貴子》 TalkAround part3 | 別冊ドネルモ 《ぼくたちの志村貴子》 TalkAround part2 |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/450

コメント(3)

一体これらの文章は何のために書かれているのか。「ロリコンマンガ」が題目として上げられ論評がなされている。テキストの主は、たぶんに勉学によって蓄積をしたのであろう多彩な語彙を駆使して語る。では、何のために、時間を費やして「ロリコンマンガ」のためにキーをたたくのか。よくわからない。ふつうは好意をもつから接触をする。従って、テキストの主である山内泰はロリコン趣味である、ということになる。それとも、出版元から報酬でも受けているのか。でなければ、誰も労はしない。どんなにきらびやかに語彙の豊富さや知識を見せても、根拠のない文章は空疎である。
「現在のロリコンたちが欲情するのは記号そのものであって、女性の肉体性ではないからである。」と解析をするが、だから、この解析は、一体何のために,誰のために。テキストの主の山内泰の満足のためか。一文の得にもならない。ネット上のテキストは公開される目的で書かれているとすれば、山内泰はロリコン趣味なんだろう。「ドネルモは、福岡発の文化系サイトです。」だそうだが、迷惑である。福岡の文化はロリコンか。

「秘書にまかせておりました」的な答えですね。つまり、他人事で世界が動いている。私はと言えば、ムカッときたんでしょうな。その日たまたま虫の居所も悪くて最悪であったろう。
『(*1):ちなみに「記号に欲情する」のは、オタクやロリコンだけの話ではないだろう。「熟女が好き」っていう男性も、「男は収入と学歴」とか思ってる女性も、みなさん、まずは「熟女」「高学歴」といった記号に萌え、それをたまたま現実の人間に適用しているだけなのだ。このように、実体よりも記号が先行するあり方へと移行したことが、つまりは消費社会になったということだと思われる。』こんなふうに一端に現実とかかわっているかのような文章を書いたらいけないし、エロ業界とも接してから後に書いてみたらどうですか。気をつけないと変なひとに闇に葬られるよ。
余所事の話しを引合いに出し、語るという、実学のないひとが多すぎる。
「記号」という単語を使うなら、最高学府まで収めたのだからひとのため、世のため、国のために役立てて下さい。親御さんも喜ぶだろう。

コメントする