« 「福岡の河童に引かれて」... | ポストモダンのエッジで踊... »

抵抗それ自体に抵抗せよ!【ドネルモアーカイブ】


text:古賀徹

 

日本のヒップホップはアメリカの物真似か?最近、ラッパーの動きやファッションが、あまりにみな似通っているとの思いを強くしていたので、そうした話題を提供する催しに行ってみることにしました。「ヒップホップ、アジア、グローバル文化、反戦の日本語ラップと若者」(九州大学アジア理解講座・2006/6/19:九州大学国際ホール)と題されたそのイベントでは、マサチューセッツ工科大学のイアン・コンドリーさんがキングギドラや般若といった日本のヒップホップを、筑紫女学園大学の一木順さんがアジアのそれを論じていました。

 

ヒップホップというのは1970年代のアメリカ、ニューヨークシティーに端を発した文化運動で、ブレークダンス、DJ、ラップ、グラフィティ(落書き)を特徴とし、そこに白人エスタブリッシュメントへの反抗という政治性が加味されているとのことでした。日本には1980年代に輸入されたそうです。

コンドリーさんの話によると、ヒップホップはグローバルな文化となっていて、世界のそれぞれの地域においてローカライズされているとのことでした。日本でも、浮世絵や和歌といった伝統的な文化との融合が生じたり、伝統的な音階を取り入れたりして、ヒップホップは日本の実状にあったかたちで独自の発展を遂げているとのお話でした。

グローバルな文化というのは、その発信地の文化によって支配されるのではなく、いわば対抗的な組み替えによって、それぞれの文化と融合して独自の発展を遂げる、というのはカルチュラル・スタディーズの基本的なモチーフです。そうした組み替えのなかで、いわば民衆の生活と身体性の次元(現場)を根拠として、支配的文化に対するさまざまな「抵抗」が生じる、とカルスタ理論は言います。

 

その枠組みにしたがって、コンドリーさんも日本独自の抵抗力に焦点を当てていたようです。しかしそこで挙げられる例があまりにステレオタイプな日本イメージとの組み合わせばかりで、それをもって独自の発展といわれても、かえってそこに欧米の文化人類学者の欲望を私は感じてしまうばかりでした。般若の「オレ達の大和」のなかに、日本的ローカライズと反戦平和の双方の「抵抗」のメッセージを読み取ろうとする姿勢には、ちょっと待って、と言いたくなります。

 

日本のラッパーが平和を歌うとき、ある種の「浮き」を私は感じます。それはラップが本当に自分の身体性に根ざしたメッセージではなく、「反戦平和」という既存の定型化されたメッセージに自分を沿わせている感じがするからです。そういうわかりやすい「政治性」や「抵抗」の身振りよりもむしろ、日本におけるヒップホップは、そのライムのセンスや音楽の洗練というむしろ形式的な側面で独自の発展を遂げているのではないでしょうか。

楽曲のフォルマリズム的洗練というのは、もともとは欧米文化のモダニズムの規範です。その規範に結果的に従うかたちで独自の発展を遂げるとき、そうした発展は欧米の文化人類学者の目には知覚されない。そこに私はオリエンタリズムの根深さを感じざるを得ません。

 

日本のヒップホップのトップアーチストの一人である安室奈美恵は、その最新のアルバムを「Queen of Hip-Pop」と名付けました。「WoWa」のプロモーション・ヴィデオでは、あえてHをPに書き換えるシーンが冒頭を飾ります。そこには、物真似であるという批判に対し、Popこそが日本の現実であり、我々のリアリティなのだ、という主張が伺えます。彼女は音楽とダンスを徹底的にポップに洗練させることで、独自の境地を開こうとしているのです。しかしそうした「抵抗」はどうやら認識されていないようでした。Hiphop Japanという本を出版したというコンドリーさんは、「suite chic」も知らないようでした。

 

何でもかんでもわかりやすい政治性やローカライズに結びつけてそれを良しとする風潮は、カルスタ系リベラル派おじさん知識人の郷愁の一つではないかと思います。とりわけ私は、最後に若い聴衆に向かって、社会との関係を意識せずに文化が成り立つと思っているのは日本人だけだ、と説教した司会の人にそれを強く感じました。反戦平和を唱えたり、浮世絵や俳句と融合するところにしか政治性を感じられない、そうした「政治性」それ自体に、もう一度、抵抗する必要がありそうです。

 

[update date:2006-6-20]


10/03/18 13:17 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 「福岡の河童に引かれて」... | ポストモダンのエッジで踊... »

関連記事

| 安室奈美恵、痕を押された身体の自由【ドネルモアーカイブ】 | 可愛い女の子とレジスタンス―安室奈美恵「naked」について | BOOKSTEADY Lesson.1 8/13「ドゥルーズレッスン器官なき身体、欲望する機械について」 PART.1 | 音楽クリエイター・クサノユウキ インタビュー Part3(連続3回) | 音楽クリエイター・クサノユウキ インタビュー Part2(連続3回) | ドネルモ.func(2)「シミュラークルとしての安室奈美恵」Part.2 講師:古賀徹 |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/366

コメントする