« [10.05.01]ドネ... | [10.06.13]別冊... »

[10.05.14] 別冊ドネルモ増刊号《植芝水族館―ディスコミュニケーションの民俗学》


uesiba.jpg


他愛もないキャラ語りから、作品の持つ社会的・文化的なコンテクストまで、様々なトークが飛び交うトークライブ《別冊ドネルモ》、今回は《­増刊号》として、「箱崎水族館」を会場に急遽開催が決定!!

テーマは漫画家 植芝理一。アフタヌーンで『謎の彼女X』が絶賛連載中ですが、今回は『ディスコミュニケーション』『夢使い』も積極的に話題に取り上げながら、あれこれ魅力を語り合いたいと思います。会場は、不可思議な喫茶店「箱崎水族館」です!植芝先生、及び講談社様、画像使用許可を頂き、ありがとうございました!

 

 

『ディスコニュニケーション』『夢使い』に膨大に散りばめられた民俗学的・神話的なイメージ。『謎の彼女X』までの作品を貫く「わからないから好きになる」というメッセージ。祝祭的でパロディに満ちた80年代的スタンス。卜部さん可愛すぎ・・・などなど、あれこれ放談いたしましょう!

また今回は、摩訶不思議な植芝ワールドに合わせて、同じく摩訶不思議な町〈箱崎〉の、これまた「水族館」という不可思議な名前の喫茶店にて開催です!

箱崎水族館には膨大な本がありますが、漫画で唯一置かれているのが『ディスコミュニケーション』なんです!!パネリストには「箱崎水族館喫茶室」の花田店長をお招きしております。

植芝さんの描く街の雰囲気(『ディスコミ』11巻「光るゴミ」の扉絵など)に、箱崎はぴったりはまるんです。植芝さんは福岡の出身。うーん、何かあるのかもしれません!!

興味をお持ちの方は、ぜひ!

特別な知識は必要ありません。何となく聞いてみたい、そんな気持ちがあればオッケー!気軽にご参加ください。お待ちしております。(植芝理一先生ご本人のトークイベントではありません。)

 

別冊ドネルモ増刊号《植芝水族館―ディスコミュニケーションの民俗学》 

日時:5月14日(金)19:00-20:30 
場所:箱崎水族館喫茶室(場所はこちら→map) 
参加費:500円(ワンドリンク付き)

パーソナリティ:花田宏毅(箱崎水族館喫茶室店長)×原口唯(女子学生)and more! 
ファシリテータ:山内泰(ドネルモ代表)

お申し込み:件名「別冊ドネルモ」にて、下記アドレスまで、お名前 ・ご連絡先をお知らせください。(定員は20名です。申し込みは先着順となりますの でお早めに!) 

お問い合わせ:[mail] donnerlemot@gmail.com 
                [tel ]070-5535-5345(原口) 

主催:ドネルモ(http://donnerlemot.com/) 
協力:箱崎水族館喫茶室 
企画:山内泰/原口唯


10/05/04 01:52 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« [10.05.01]ドネ... | [10.06.13]別冊... »

関連記事

| ぺったんこで夏休み 中居真理ワークショップ 「ぺったんこにみる はこざき ~もようを見つけにまちあるき~」フォトレポート | 別冊ドネルモ増刊号 《植芝水族館―ディスコミュニケーションの民俗学》 | 別冊ドネルモ/トークライブ《今、私たちが生きる「コードギアス」》 | ドネルモの通常総会を開催しました! | [12.08.31] ちょっぴり背伸びな読書会 「ランドラ」 vol.10 ~独立国家のつくりかた?~ | 2012年ドネルモの抱負 ‐ For a change, Proud to live here |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/681

コメントする