« ドネルモ.func(2)... | ドネルモ.func(2)... »

建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 part1


構成:原口唯

都市に生きる私たちにとって、建築というハード、建築というソフトは切っても切り離せないものです。けれども、一部の建築関係者を除き、私たちが建築のなかに生きていることを意識することはなかなかありません。我々はいつだって、建築なう! なのに。

「建築なう!」は建築をキーワードにしながら、その先にある都市、社会、人々のありかたを考えるトークアラウンドです。建築の専門家、建築系学生、建築なんて全然分かりませんという人たちがあれこれとお喋りしていきます。

記念すべき第一回目は、2009年5月に発売された『思想地図vol.3』に掲載された建築家・藤村龍至さんの論文「グーグル的建築家像をめぐってー<批判的工学主義>の可能性」がテーマです。
建築門外漢を建築系学生3人が囲って、あれこれとお喋りしております。(全3回)

メンバー紹介

マイケル 「寝ても覚めても少女時代に夢中です。소녀시대,만세!」

暴走建築学生A 「一地方学生が藤村氏の「批判的工学主義」を青さと愛でもって語りたいと思います。お見苦しいところもありますが、よろしくお願いします。」

mg54 「(当時)建築学生です。憧れの建築家はレム・コールハース。尊敬する建築家は原広司。好きな建築家はSANAA。共感する建築家はアトリエ・ワンと石田壽一です。」

tangerine 「女子学生。建築と都市の未来を考えたり考えなかったり。」

 

 

はじめに

マイケル
はじめに、今回のトークアラウンドを企画したきっかけを説明します。かなりタイムラグがありますが、2009年5月に発売された『思想地図vol.3』に掲載された建築家・藤村龍至さんの論文「グーグル的建築家像をめぐってー<批判的工学主義>の可能性」をたまたま読んで、これは面白いと思ったわけです。ただ、建築に関して門外漢な僕からすると、少しひっかかる部分もありました。

ひとつめは、この論文で書かれているようなことって、今まで建築の分野において誰も言ってなかったのかなあ、ということ。ふたつめは、藤村さんの建築思想(?)は、この論文を読む限り、理想的なもののように思えますが、さて実際の建築物はどうなのかしら、というところ。そこで、建築を実際に勉強されてるみなさんが、藤村さんの論文及び建築物をどう捉えているのか、そこを聞きたくてお集まりいただいた次第です。

まず、藤村論文の内容を僕なりにまとめてみます。大雑把なまとめですが、藤村さんは、建築家には大きくわけて二つの派閥があるといいます。一つは「組織派」。もうひとつは「アトリエ派」です。「組織派」は、資本の論理に従って建物を作っていく。一方で「アトリエ派」は、資本の論理に抗って、作家主義・アーティスト性を全面に押し出して建築を作っていく。このように二つの派閥は対立している。そんな中で、藤村さんは「第三の道」を示そうとしてる。

そこで藤村さんの示す戦略なんですが、それは、建築「家」というよりも、むしろ建築「コーディネイター」のような印象を受けます。藤村さんは論文で、「環境とコンテクストのズレを修正していく」のが建築なんだと言ってますが、僕なりの理解で言えば、こうなります。つまり、ある環境に人々が関わっていく中で様々なコンテクストが発生していく、そのコンテクストに適ったかたちに、既存の環境に手を加えていくのが建築だ、ということでしょう。で、そうしたスタンスの下、あらゆる形態の可能性を当事者と共有しながら、その対話のログを残しつつ、作業を進める。こうしたプロセスからは、建築家にも依頼者にも当初意図されていない、最適化された建築が生まれてくるんだ。多分そんなことを言ってるんだろう、と理解しました。

で、こりゃ面白いな、と。今まで組織派は経済合理性を重視して建物を建てていた。一方で、アトリエ派は、作家が思い描くユートピアを実現させようと建物を建てていた。それに対する第三のスタンスとして、藤村さんは、フレキシブルに、一個人のユートピアでもなく馬鹿デカイ経済合理性でもない、人々の集合知、最適化を図ったかたちを導き出すといった手法を提案するわけでしょう?

この話は建築の分野にとどまらず、自分が住んでいる環境を自分で組みかえるってスタンスに馴染みやすいと思うんです。今までは組織派が作ったものに否応なく住むか、それとも凄い才能を持つとされる建築家が思い描くユートピアに個人が参入するしかなかったわけですよね。でも、藤村さんによると、自分の町や家をどうこうしたいというとき、「相談にのりますよ」っていうのが建築家なんじゃないか、と。それはなんだか政治家に似ているなあと思うわけです―ここでいう政治家っていうのは、カリスマ政治家ではなく調整役としての政治家という意味ですが―。あるいは「まちの法律相談家」みたいな弁護士や司法書士といった、法律の運用家みたいなかんじでしょうか。

もっと僕の関心にひきつけて言えば、「作家」という特権的な個人の思い描く像に一般ピーポーが従う、というアート界では根強いあり方を、藤村論文は覆す提案がなされている。そこに僕は興味を持ったわけです。

ただ面白いなと思う反面、どうして藤村さんのような提案が建築の分野ではこれまで為されてこなかったの?という素朴な疑問がわいてきます。あるいは、実はあったんだけど、藤村論文はこういう点で違うんだよ、とかそういうのを教えていただけたらな、と。それともう一つ、実際に作られた藤村さんの建築物て、ぶっちゃけどうなの?ということです(笑)。みなさんには率直な意見を話してもらいたいと思います。実際、どうなんですか!?

tangerine
一つ目の質問は後回しにして、まずは二番目の質問から話し始めましょう。個人的な意見ですが、建築をやっている人は一度、建築に感動した人だと思うんですよ。でも、藤村さんの建築を見て感動する人はあんまりいないんじゃないかな。スタンスに感動するということならあるとは思いますが。藤村さんの設計した建築物の写真を見たかぎりでは、身体的に心地よいとか、光の美しさだとかはあまり感じられない。もちろん、そういった価値観だけが建築の善し悪しを決めるのではないと思うんですが、でも、そうしたものが「建築」だというロマン主義的な部分が、少なくとも私にはあります。実際に藤村さんの建築をご覧になった方いますか? 

mg54
見てないですね。

暴走建築学生A
僕も見てないです。

マイケル
藤村さんが設計した建築物はどこにあるの?

mg54
一番有名な、『ビルディングK』は高円寺の雑然とした駅前の環境にぽっと現われてきます。周囲の環境に溶け込んで、普通に建っていますね。僕は藤村さんの建築が好きか嫌いかといえば好きなほうです。どちらかといえば、建築における“感動”的なものに対してあまり共感ができないんです。人から「この建築物の空間や光の入り方に感動するね」って言われたら、そのときは「感動する」と言うけど、心底感動しているかっていうとそうでもないんです。むしろ、ある建築物を支えている技術やシステムに関心がある。要するに技術フェチなんですけど(笑)そうした僕の趣味からすると、藤村さんの建築は面白いと感じるんです。ただ、海外まで建築を趣味で見に行くような人っていますよね。僕の周りにもいるんですが。そういう人たちにはあんまり関心を抱かれないようですね。

マイケル
そうだと思うんだよ。建築を趣味でみるということは、建築が美的な対象になっているってことだよね。それはつまり、建築に現れてくるユートピア的な世界観みたいなものに感銘を受けるってことでしょ?実際にその建築物に住むというのとはちょっと違って、対象と距離をとって美的に鑑賞するというまさしく観照的な態度ですよね。

mg54
だから、藤村さんの建築を美しいかどうかで判断するのは難しいですね。だから、好きか嫌いって話にしましょうか(笑) 

勝手に藤村龍至解釈

暴走建築学生A
僕は藤村さんの建築の形態はあんまり好きじゃないけれども、立場はすごく分かるという感じです。藤村さんの建築は、インテリアをアレンジするように、環境のコンテクストを編集してつくっていると僕は思います。こういう傾向は、藤村さんの師匠にあたる塚本由晴さんからの影響、それと、オランダに留学していた経験からきてるんじゃないかと思います。どういうことかというと、オランダは人工の大地の上に形成されてきた国ですから、身の回りの環境を編集しながらつくりかえていくという考え方が自然に共有されていて、建築をつくるということもそういう文脈の中で考えられてきた歴史があります。そういう場所からハードコアにでてきたプログラマティックに環境を編集する方法論を、彫刻的な美しいオブジェをつくるためでなく、われわれの日常となだらかに連続するような環境を生み出すために運用していこうとしているんじゃないかと。インテリアをアレンジするようにと言ったのは、全く新しいフレームをフォーマットとして、フォルマリスティックな操作のなかでかたちをつくっていくのではなく、既存の環境にあるボキャブラリーを編集して、かたちをつくっていっているのでは、という意味で言いました。前者の例として、よく比較に出される人に平田晃久さんがいます。両者の違いは、世界をパラメータの集合として見なす態度自体に差異はないので、パラメータを拾い上げ解釈する作法の違いから見ると分かりやすいと思います。

mg54
平田さんは何か容器を与えて、その中で人間がどう振舞うかに関心があって、だからその容器のかたち―でこぼこしてるとか、ぬめぬめしているとか―そのかたちが人間の行動に影響をあたえるみたいなところに興味がある。

暴走建築学生A
そうですね。平田さんはかたちの中に与えられる新しい経験の発見に興味があるんだと思います。だからコンテクストの中から読み込んできたパラメータ群を、事前に与えられた或るフレームの関数に代入してかたちをつくっている。形態の生成システムを最初から最後まで作家側が引き受けてる。藤村さんはそうではなくて、パラメータを解釈し、拾い上げるプロセスをクライアントと共有しながら、システムを共に立ち上げていくという立場をとっている。事後的に、生成システムが何であったかが見えてくる。データを共有のツールとしてつかうところは、MVRDVのデータスケープを彷彿とさせますね。

mg54
MVRDVは藤村さんより分かりやすい。MVRDVの扱うデータは、人口によって導き出された食料の必要量とか、あるいは森林の量とか、そういう大きなエネルギーを扱うことが多くて、大きなディベロッパーと大きなプロジェクトをやる方法論です。もう少しきめの細かいデータを扱っているのが藤村さん。だから、藤村さんが行おうとしている方法論というのは、世界的な流れのなかに位置しているものなんですね。

マイケル
今お話を聞く限り、平田さんの場合も、建築家が作った容器の中に入ると人々は今までと違った新しい経験を受ける、という意味では、アトリエ派と同じ、要は芸術経験と一緒みたいですね。日常ではなく、いままでとは異なる行動の様式が自分の内から生まれるという、美的な経験として建築がある。

一方で、藤村さんの論文を読むと、そんな美的な経験を一切想定していないと思うんですよ。こうしたものを作りたい、でもそれは既存の環境とは折り合いが悪い、だからそこを直しますというだけの話なんだ、と。そこでは、実際に住む人のコンテクストがその環境に十全な仕方でマッチする、そういう話なんだ、と。だから、藤村さんの建築をみて感動するって人はあまりいないのかな、と邪推するわけです。外部から見る美的な鑑賞者にはつまんないかもだけど、建築プロセスにおける対話者、そこに住む人の意向は反映されてるわけでしょう?それでオールオッケーじゃんって、さしあたり建築にアートな感動を求めない者としては、至極まっとうな主張に思われたのです。

暴走建築学生A
いまは世の中が不況だし、なにせ建築ってお金がかかるから、やっぱり「建築」というものが社会の中で承認されていないと、飯を食っていくのは難しい。これから業界で食っていきたい身としては結構切実にこの問題を捉えてます。僕は建築だけが表現できる空間経験みたいなものに感動して建築を始めたわけだから、それがあるって、僕は信じているけれど、社会的な承認のないところでは、そうした試みも散発的で詩的なものとして閉じた建築メディアのなかで消費されるだけになっちゃって、あまり意味がない。平田さんは、変容する社会に新しい空間を与えるという立場で建築をつくっていってると思います。建築に対して誠実だし、僕もそうありたいけど、本当に実際の社会の力学の流れのなかでそれはつくられてるのか?という舞台の正当性の問題がでてくる。一方の藤村さんも批判的工学主義は社会のダイナミズムに建築をつくっていくプロセスをリンクさせていって正当性を担保していこうとする立場だろうけど、方法論として提示されてる超線形設計プロセスも、今のところ、顔の見える対話者とのあいだで、如何にうまくコンセンサスとりながら建築つくるかという話でしかないように見えて、メリットがよくわからない。それこそ我々の社会環境である都市というダイナミックで見えないものをつくっていくためのヴィジョンは示せてないと思う。 

「新しい」かたちのつくりかた

暴走建築学生A
個人的には藤村さんと平田さんを分けて考えないほうが面白いんじゃないかと思います。超線形設計プロセスの場合、かたちを操作していくためのそもそものフレームの恣意的な選択に反省がいかない。一方、フォルマリスティックなゲームをやってるだけじゃ、社会に開いてかない。新しいかたちを社会に与えていくときに、両方のいいところを吸収してやっていけないものかなぁと。

マイケル
うーん、建築暴走学生Aさんの問題意識に対して、僕は違和感があるんですよ。なんでかというと、建築の世界がどうかは分からないけど、たとえば音楽に関して言えば、「新しい音楽」なんて恐らく誰も期待していないわけですよ。すべての素材は全部データで、新しいものは一切なくて、あるのは既存のデータの再構成しかない。その中で、再配置をどのように生み出していくかということが今、音楽の世界では考えられているんです。シリアスミュージックにおいてもポップスにおいても。もっと言えば、特権的な個人が卓越した才能において再配置をおこなうのか、それとも集合的知のようなモデルの―例えばニコニコ動画のような―形成システムが再配置を行うか、っていう再配置のシステムそのものが、むしろ問題になってる。藤村さんは後者のありかたを論文で言っているのではないかな、と僕の興味にひきつけて読めたんです。それだと、建築家ってナビゲーターみたいなもんだよね、って。

mg54
平田さんは前者のほうだと思います。僕は、補足して言うと、彼をフォルマリストとは思わない。自分の観念だけでやっている人ではないと思っていて。むしろ、あるかたちの作り方の原理を示すことで、関わってくる人とコミュニケーションを図るという。かたちの原理を生み出すという意味では特権的だと思います。今の建築の状況の中で、平田さんをフォルマリストと捉えるともったいない。両方、可能性を探っていると捉えたほうがよいと思う。

マイケル
平田さんと藤村さんを区別して考えると、平田さんはやっぱり最終的にかたちはだす、と。では、そのかたちはどのようなプロセスから生み出されるの?

mg54
彼は例えば、色々な手法を用いているけど、一番メジャーなものは「襞」で建築を作っている。普通の建物は床を積層して建築をつくっていますよね。そうしてしまうと、床を支える柱が必要になって・・・という構成になってしまう。それに対して、ひとつの原理で建築をつくれないか、という考えで「襞」の可能性を模索しているんですよ。例えば珊瑚とか垂直な面があったかと思えば並行な面もあって、でも同じ「形」で作られていますよね。ああいう建築を目指している。

暴走建築学生A
藤村さんの場合、「床と柱」を選択することに対する反省ってどーなってるの?いったんそれを決めちゃったらそこから逃れられないんじゃないのかな?そこが気になる。

mg54
建築を器に例えてみます。器の作り方の、「形」を問題にする人もいますよね、例えば「こういう形の器をつくってみましたけど、どうする?」って。平田さんは、「こういう器の作り方で、どういう器を作りますか?」ってことをしているように思えます。

マイケル
その例えだと、藤村さんはどんな「器のビジョン」があるっていえるのかな。「作り方から一緒に考えましょう」って感じ?

mg54
「この器をどう使いますか?」と問いかけるところに似ていますが、「どう手を加えますか?」じゃないでしょうか。作り方をどういうものにしていきますか?って尋ねて、「こうしたい」を言ってもらって、作品を返して、言ってもらって、の繰り返しで作っていっているんじゃないかと。

マイケル
「作り方を、対話しながら固めていきましょう」というのは随分踏み込んだ話だよね。話としては、「貴方も一緒に建築家!」みたいなもんでしょう?「作り方」のレベルから相談しながらやるってなると、両者が思ってもみない形ができるんじゃないか。それは面白いと思うんですよ。

なんでそんな話をするかというと、僕は「作り手の思い通りになるかどうか」が気になるんです。作家のユートピアが作品としての建築に現れているというよりも、作家ひとりにはフォローしきれない、でもそこに確実に潜在していた可能性が出てくるような、そんなものに興味があるんです。藤村さんの言っていることは、「理念的には」、そんなことを言ってるんじゃないかしら。

暴走建築学生A
「理念的には」。

tangerine
建築暴走学生Aが引っかかっているのは、マイケルさんのいう「思ってもみなさ」は、結局「床があって柱があって」という形態から抜け出せないということだよね?

暴走建築学生A
平田さんも「思ってもみなさ」を目指していると思うんですよ。作家個人のなかにあるユートピアンな世界観の表現とかではない。アルゴリズミックに、かたちをグニャグニャさせながら、思ってもみなかった経験をそこに発見しようとする。藤村さんの関心は施主と建築家の間のログ自体をアルゴリズミックに運用するところにあると思うんですけど、「柱と床」という形態を用いることに対する反省の回避の仕方が・・だいたい、検索過程と呼んで恣意性がないといっていても、そこは藤村さんのボキャブラリーで回答しているわけだし。なんというか形態と内容の間には説明的には超えられない壁があって、もっと業が深いのではないかなぁと思うのです。

 

建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 は、全3回の記事を予定しております。続きもお楽しみに!

 

藤村龍至

現在おそらく日本の建築メディアで一番注目を浴びている若手建築家。
「批判的工学主義」と「超線形設計プロセス」を自身の建築設計の軸にしている。
建築系フリーペーパー「ラウンドアバウトジャーナル」を定期的に発行していることでも有名。
藤村龍至建築設計事務所主宰
東洋大学専任講師
twitter→ @ryuji_fujimura
1976年 東京生まれ。
2000年 東京工業大学工学部社会工学科卒業。
2002年 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。
2002年~2003年 ベルラーへ・インスティテュ-ト(オランダ)
2005年 藤村龍至建築設計事務所設立。

ビルディングK

藤村龍至が設計した、共同住宅と店舗からなる複合ビル。
藤村氏の提唱する、「超線形設計プロセス」でもって設計されている。

詳しくは藤村龍至建築設計事務所の作品紹介をご覧ください。

塚本由晴

1965年神奈川県生まれ。87年東京工業大学卒業。
87~88年パリ・ベルビル建築大学。
1992年貝島桃代とアトリエ・ワン Atelier Bow-Wow設立。
現在、同大学大学院助教授、工学博士。

犬小屋以上建物以下の小さな構築物は、その小ささと人間や周辺環境との距離感から都市空間にとってペットのような存在といえるのではないか、とそれらをペットアーキテクチャーと名付け、リサーチ&設計。

ほかにも多数の建築的アプローチでもって精力的に活動中。

フォルマリスティック(folmalistic)

フォルマリズム(formalism)に起因。
フォルマリズムとは、恣意的に選択された基準の下で、形式的な操作を行ない、そこから結果的に想像を超えたものとして出現することを期待する考えかた。
ここでは「適当な思いつきで決めたルールで、面白いことができないかな~っていう感じ」くらいの意味で用いられています。

平田晃久

1971年生まれ。平田晃久建築設計事務所代表。
京都造形芸術大学、日本大学、東京理科大学非常勤講師。

1994 京都大学工学部建築学科卒業
1997 京都大学大学院工学研究科修了
1997-2005 伊東豊雄建築設計事務所
2005 平田晃久建築設計事務所設立
作品=《House H》《House S》《sarugaku》《Showroom H(桝屋本店)》ほか。

MVRDV

MVRDV (エムブイアールディーブイ) はオランダのロッテルダムを拠点とする建築家集団。
1991年に設立された。
MVRDVの主な特徴は、現実への固執および先入見を可能な限り除外しようとするところである。そのための方法論として、膨大な量の情報を集積し、様々なレイヤーでのリサーチにもとづき、建築を取り巻く環境を理解する「データスケープ」を提唱・実行している。
画期的なプロジェクトは膨大だが、インパクトが一番あると思われるのは「ピッグシティ」。
豚の交尾→誕生→成長→加工のプロセスを飼料やエネルギーも含めて100mのタワーに集約した「ピッグ・タワー」を林立させる都市プロジェクト。彼らの調査によれば、オランダの国内需要を満たすには、「ピッグ・タワー」が32棟あれば足りるとのこと。
設計において一般的な、地形や土地の歴史などではなく、オランダの養豚場面積、エネルギー自給率、豚肉の生産エネルギーなどの様々なデータから、都市問題への建築的回答を導きだしている。

----- clear -----

 


10/05/30 00:39 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« ドネルモ.func(2)... | ドネルモ.func(2)... »

関連記事

| 建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 part3 | 建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 part2 | Fukuoka 地域サミット2013のパネリストトークに登壇しました! | [12.08.31] ちょっぴり背伸びな読書会 「ランドラ」 vol.10 ~独立国家のつくりかた?~ | [12.4.22]【参加者募集中!】ママトコ・トルッコ −親子でメイク体験ワークショップ− | 【新春企画】「わたしの2011年たち」 〜古賀琢磨さんのばあい〜 |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/693

コメントする