« [10.06.20]別冊... | [10.07.04]みん... »

[10.06.30]「ナレッジ・リージョン」から考える福岡の都市の未来


du.jpg

「ナレッジ・リージョン」は、経済・産業界を中心に注目されている重要なキーワードですが、都市・建築の分野において、はっきりとした言説が述べられた文献・書籍・シンポジウムなどはありません。
そこでドネルモでは、建築・都市の専門家とともに「ナレッジ・リージョンとは何か?」を考える場を設けました。
福岡の都市に生きるみなさま。一緒に天神のど真ん中で考えましょう!

今セミナーでは、「産業や知的資源がどのように都市と結びついてきたか」という問題について、フランスや中国の事例を参照しながら、お話しいただき、その後参加者・パネリストともに新しい都市構想について考えていきます。本セミナーは、7月に福岡で開催される10都市セミナーを補強するものとして開催されています。
IRBC会議で積極的な議論をサポートする有意義な知見を学ぶ機会をご提供いたします。

【講師】
セミナー講師:土居 義岳 (九州大学芸術工学府 教授)
         鵜飼 哲矢 (九州大学芸術工学府 准教授) 
ファシリテータ: 坂口光一 (九州大学統合新領域学府 教授)

セミナー内容】
(ⅰ)ナレッジリージョンの沿革-土居
ナレッジリージョンという考え方が、経営学上のナレッジマネージメントの展開として提案されてきた沿革(都市・建築と経済の関連性)の確認

(ⅱ)海外事例の紹介-土居・鵜飼
フランスのナント市、ボルドー市の事例紹介(土居)
ファイバーシティという都市構想:オルドス市(中国)のプロジェクトについて(鵜飼)

(ⅲ)箱崎キャンパス跡地を巡って〜ナレッジハブ化していくために〜:土居
ボルドー大学の都心からの移転とその跡地利用の事例を参照しながら、箱崎キャンパスの跡地をナレッジハブ化していく上での諸構想について


■「ナレッジ・リージョン」から考える福岡の都市の未来

日時:6月30日(水)19:00-21:00
場所:IMS 8F HIRAKE-BA(ヒラケバ)
参加費:無料
定員:40名
お申込み:件名「ナレッジリージョン」にて、donnerlemot@gmail.comまで、氏名・連絡先をご記入の上、出席の旨ご報告ください。


10/06/16 22:55 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« [10.06.20]別冊... | [10.07.04]みん... »

関連記事

| ドネルモ.func(1)「『1Q84』から読む建築」(講師:土居義岳)レポートPart2 | ドネルモ.func(1)「『1Q84』から読む建築」(講師:土居義岳)レポートPart1 | ドネルモの通常総会を開催しました! | [12.08.31] ちょっぴり背伸びな読書会 「ランドラ」 vol.10 ~独立国家のつくりかた?~ | 2012年ドネルモの抱負 ‐ For a change, Proud to live here | ぺったんこで夏休み 中居真理ワークショップ 「ぺったんこにみる はこざき ~もようを見つけにまちあるき~」フォトレポート |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/707

コメントする