« (Ustream配信中)... | ドネルモ.func(2)... »

建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 part2


構成:原口唯

「建築なう!」は、建築をキーワードにしながら、その先にある都市、社会、人々のありかたを考えるトークアラウンドです。建築の専門家や建築系学生だけでなく、むしろ建築なんて全然分かりませんという人たちがあれこれとお喋りしていきます。

第一回目は、2009年5月に発売された『思想地図vol.3』に掲載された建築家・藤村龍至さんの論文「グーグル的建築家像をめぐってー<批判的工学主義>の可能性」がテーマです。
建築門外漢を建築系学生3人が囲って、あれこれとお喋りしております。(全3回)

part1は藤村龍至の登場について、各々好き勝手なことをお喋りしていましたが、
part2では、建築家のありかたについて、わいわいと喋っております。

 

 

作家的建築家?

建築暴走学生A
とはいえ、藤村さんと平田さんをあんまり分けても可能性がない気がします。僕は、ログの連なりとして残っているものが集合知のネットワークに戻っていって、切磋琢磨して、他の意見を入れ込んで別のログの連なりになって出てくる、つまり藤村×平田みたいな話になると面白いかな、って思ってます。藤村さんが批判的工学主義と題打って言っている可能性っていうのは、本当はそこかと。そこに、ある種のアートの気持ち悪くなるような、或いは、新しいからいいという経験ではなくて、強度のある経験―「日常の経験なんだけど、それを強く気づかせてくれる」ような、そういう経験が生まれる建築が志向されていくべきなんじゃないでしょうか。

マイケル
藤村さんってそういう「経験」を目指していないんじゃないかと思うんです。彼は、建築は手段だと思っているんじゃないかと。要は、環境とコンテクストの双方を解消することだけが建築の仕事であって、それ以上は建築の仕事じゃないというようにも僕には読めたんです。思想地図の対談で宮台真治が磯崎新に挑発的に言ったことが、藤村さんにとっては当たり前で、そもそも建築とはそういうものなんだって言っているみたいに見えたわけです。だから宮台真治が言っていることは藤村さんには全然批判にならない。だから新しい何かを求めるわけじゃなくて、グーグルみたいに与えられた言葉に対してバーっと検索して、そのとき必要なものを建築していく・・・そういう単純な話じゃないのかもしれないけど、僕にはそう見える。そうなるといわゆる建築家っていう作家がいて、そこでどんなに作家的でない作風で作品を作っていたとしても「作家主義」として言説が回っているところに対しては、かなりラディカルな発言ではないのかと。…もちろん、藤村さんのやり方事態が「藤村主義」と見られるという可能性はあるけれど…藤村さんのやり方は「建築家がかつて歴史上持っていた役割」を極力薄くして、メディアみたいになっているのではないかな。表現に関する分野に残っている作家主義は根強いから、かなりラディカルな発言だと思うのです。これが実現すればいいなーと俺は思います。

建築暴走学生A
第一線で活躍されてる多くの建築家の方々が、「世界を再編集するのが建築だ」と言っている。いわゆる「作家」的な考えでやっている人は少ないはずなんですが、そうであるにもかかわらず、建築っていう制度の中で作家として生きていかなくてはいけないという矛盾がある。そのへんでごちゃごちゃしているんではないかと。

マイケル
そうだよね。かつて、「モダンとポストモダン」という構造があったのだけど、ポストモダンっていうものには作家はいないはずなのに、なぜか「ポストモダンの作家」がいる。モダニズム的な作家主義ではない、別の形の作家主義が「ポストモダンの作家」。なぜこういうものが出てくるかというと、ポストモダンっていいも悪いもないってこと、価値の基準をもてないということなのに、モダンとポストモダンという構図事態がモダンだから(笑)、いいポストモダン建築と悪いポストモダン建築があるという矛盾が生まれる。磯崎新はそのへんに悩んだのかもしれないけど、いま藤村さんが言っていることは、いい建築とか悪い建築とかを超えて、「建築はただのメディアで道具です」ってことなんだと思う。周りに住んでいる人に不都合があったときに出てきて、現場調整をします、というくらいに建築家の能力、ステータスを道具的に捉えているのではないかしら。 

政治家的建築家?

マイケル
はじめの疑問に戻るけど、いままで藤村さんのような、建築家の能力、ステータスを道具的に捉えるというようなやり方ができなかったのはなぜでしょう?建築家というもののステータスがよっぽど強いからかな?それと、さっき建築暴走学生A君が触れてたけど、それだと都市はつくれないっていうのは重要かと思います。ある人はこの区画をこうしたい、この区画はこうしたいとバラバラに言う。建築家はそれぞれに答えるけど、それを統合するのはだれがやるのか。藤村さんはそれをどうやろうとしているのか・・・ってあなた方は藤村さんの代弁者ではないけれど(笑)

tangerine
それは建築家が担うべき仕事ではないと思っているのかもしれないですよ。

マイケル
あー、なるほど。話はちょっと変わるけど、政治でもさ、東浩紀が直接民主主義は可能だと言っている。でもそれは地方自治のレベルなんですよね。例えばルソーの社会契約論のモデル都市ジュネーブは2万人。その規模にリアリティがあった。いまSNSで2万人のコミュっていうのはザラだし、そこでの自治って全然可能だと思う。でもそれ以上の規模でコンテクストとコンテクストがぶつかり始めたときにどういう調整をするかというとことで、国会議員とか、それだけをまとめる人が現われてくるわけです。藤村さんの話に戻ると、商店街レベルではうまくいくかもしれないけど、都市計画のレベルではどこまで有効なんだろう?商店街レベルの局所的には元気になるかもしれないけど、近代をふりかえってみると、そうやっていった先は戦争だから(笑)、戦争を調整する人が必要だよね。そういうときに藤村さんはどういう視点とか立場とかで「戦争」に関わるのかなあ。藤村さんが学んだというオランダはそのあたりはどうしているの?

mg54
オランダにおいても都市はつくって管理するものです。でも、あの国は社会レベルの共同思想とかあるからなあ…

tangerine
国民レベルで、政策を考えている国ですよね。専門的な知がないと建築を作るのは大変ですけど、人工土地国家オランダだと、みんな日曜大工的なことはできる…という話はよく語られますよね。対話出来るだけの知はあるというか。…わからないけど、個々のありかたを対話で探していくうちに世界的な視野も生まれていくっていう、楽観的な話にならないかなあ(笑)

マイケル
俺もそう思いたいけど、どうでしょう(笑)

建築暴走学生A
そう考えてみると、対話を重要視する藤村さんのあり方ってこれから重要になるかな、と。

マイケル
そう思うんだよね。

「超線形プロセス」の余地


建築暴走学生A
建築って、環境のなかでの振る舞いを限定してしまう一定の暴力性をもって現われてきますよね。個人的に、今のところ藤村さんの言われてることって、その視点がぬけてないかなって思うわけです。批判的工学主義が郊外化の進んだ場所に最適化した、ローカルなやり方だというのなら、何も言えないんですけど・・・・たぶん、もっと広い射程で考えてるはずですし。

マイケル
そうかな?逆に藤村さんは建築の持っている暴力性を意識して、なるべく環境を傷つけないようにしようとしているようにも読めなくもないけど。

tangerine
建築暴走学生A君が気になっているのは「その時の最善」ということじゃないんですか?「超線形プロセス」だと、そのクライアントとその時点での環境で最善をそこに作れるかもしれないけど、100年後まで建築は残っていく時に対して、ホントにそれが最適かっていうことが抜けているようにも見えます。もちろん作家性がほんとに「100年後」に応えてきたかどうかは解らないけど、少なくとも、「考えて作りましたよ」っていうポーズでもってやっているわけですよね。それと比べると、藤村さんの手法にためらいがあるってことではないでしょうか。

建築暴走学生A
そうそうそう。

マイケル
勿論その時の最善っていうのは未来にとって必ずしも最善じゃないんだから、それっていうのをどういうふうに考えるかだけど…でも一応今までだって、建築家ってみんな、今に最善じゃなくて未来にとって最善なものを作ろうとしてきたわけでしょ?

建築暴走学生A
それはそうだと思うんですけど・・・。

マイケル
その先に出てきた考え方なんだから、そういうことに対するむしろ反省に基づいてんのかな、と思いますが。

建築暴走学生A
例えばニューヨークのビルの高い開高だと、どんなアクティビティが入ってきても、なんか対応できちゃったりする、って言うじゃないですか。「その時の最適解」の許容性が気になるんですよね。

マイケル
なるほどね。なんだろう、どういう風に考えてるんだろうね。結構簡単に壊してまた作っていいですよ的な感じなんでしょうか?

mg54
ライフスタイルっていうのそう変わらないんじゃないか、っていう前提に基づいているんじゃないんですか。

マイケル
今、ある程度最適解になっておけば、暫くはそれでいいっていう?

mg54
そうそう。結局建物っていうのは色んな水準で寿命があるわけだから。配管が悪くなったり、躯体が悪くなったりする寿命もある。それぞれの更新の時に、またその最適な技術を使っていけばいいんじゃないかみたいなことを考えてるんじゃないかな。それと、ライフスタイルの問題。いま四角形の部屋に住むって言うのが一般的なライフスタイルだけど、それがいきなり五角形に住むって変化するのはありえないという見解なのでは。

マイケル
仮に代わるとしても徐々に変わるから、その都度その都度の最適解が徐々に変化に対応していくだけだろうと。

mg54
そういうセクションごとに分けていく方法としても、このログを取ってきたっていうことが役に立つでしょうね。

マイケル
ログを残すっていうことは、全部データベースとして残すって言うことでしょう?それで、有り得たかもしれないっていう可能性を全部網羅していく。

mg54
マニュアルと違うのは検索できるってことですよね。これをやりたいっていうときに、今までマニュアルだったら「これをやりたいならこれかぁ」みたいな感じで一個の可能性しかなかったのに対して、データベースだったら「あれもあれもあれもあれもあって…どれをえらぼうか」みたいなことができる。

マイケル
そのときには、「たまたまこのルートを通ったみたいだけど、そうじゃないルートも当然あったんだ」っていうことがデータとして解るってことだよね。それは全部公開されてるわけですか?

mg54
してないのでは?

マイケル
それは、建築する時にデータとして残っときゃいい話なのか。例えばこの場合のケースではどういった風にしました、とかいってクライアントにその時話をする中であればいいわけで。

mg54
そうそう。なんか、インターネットとかでパスポートの取り方を調べたいって思った時に、「パスポート 取り方」って検索したら、質問箱がみつかること、ありますよね。他の与件に関する事例っていうのを検索して、自分がどう動くかって決めるじゃないですか。そういうのと同じ事を、藤村さんがログとして溜めて、やっていくんですよね。

建築暴走学生A
建築ってビジュアルを持ちますよね。僕はビジュアルから読み込める意味の幅みたいなところにも可能性があると思うんですよ。例えば絵なら、1つの意味だけじゃなくて、幾つもの意味を持っていますよね。藤村さんは模型でログを残していくじゃないですか、そこって実はなんでもいいと思うんですよ。模型じゃなくてもいい。ドローイングでも、映像でもいいと思うんです。色んなやり方を許すものとして見ても、超線形設計プロセスっていうのは結構面白いんじゃないかなぁと思うのです。ビジュアル、モノをプロセスのなかで、ある方向に意味づけることが、建築家の「作家としてどう責任を取る?」みたいなところに繋がってくると僕は思うので。

mg54
それは、要はコンテクストを整理できるからって事ですよね。意味を作りながら作るのか、あるいは、作った後に再発見していくのか。藤村さんは再発見していってるんだと僕は思いますが。今までのパターンランゲージ的なやり方では、コンテクストを共有するのって難しいじゃないですか。たくさんの可能性を選んで、ただ組み合わせましたよって言うのは確かに簡単なんだけど、それを、どういう文脈があって、これをこうやっていきますって説明しながらやっていくとすると、かなりの手間がかかる。そういうときに、藤村さんのような、ログを残していくっていうやり方は、確かにコンテクストを作る役割として持ってる機能だといえるかもしれない。

マイケル
藤村さんのやりかたは最初に織り込み済みの意味が、後で発見されていくものだよね。検索して、検索結果を出したものについて、その後にそこからどういう分岐点を作っていくかっていう事については、ある意味おまかせ。それが再発見って話になると思うけれど。

弁護士的建築家?


tangerine
私が気になるのはお金の話なんですが(笑)、藤村さんは建築家として、食べていけるとは思うけど、「超線形プロセス」を導入した建築家達はどうやって食べていくんだろう?

マイケル
建築家がどれくらい儲けるのか僕は知りませんが、かつてほど、お金を儲けることは無くなって、建築コンサルタント的なものになっていくんじゃないの?

tangerine
サービス業化!(笑)それは、建築家の仕事が営業に近くなって、「途中でログを残す時の感じの良さ」とかが建築家の腕になっていくっていう事なんですか?もう、ものづくりじゃなくなっていくってことですよね。

mg54
でも、図面を引くのは建築士でないとだめだから。

マイケル
うんうん、建築士だよね。それはもう国家資格としてあるわけだから。当然その辺の知識が無いことには耐久性のある建物は建てられないし。

tangerine
うーん・・・。

マイケル
話は変わるけど、ニコニコ動画では、プロが作ったものであれアマチュアが作ったものであれ、それが人々とのやりあいの中で、様々な全く異なったコンテンツとどんどん継ぎはぎされて変わっていよねく。しかもそれを、こう見なさい、見なければいけないという決まりはないわけ。社会のなかでは、そういった、積極的に自分の周りの環境についてアクセスする営みがなされてると僕は思う。その営みを、一体何が支持してるかっていうと、アーキテクチュアなわけです。ニコニコでいうと、コメントが書けるとかタグで編集できる、とか。アクセスできないアーキテクチャーにおいて我々は規定されているものの、その枠内で、自由に最大限振舞える。
藤村さんの話に戻すと、藤村さんの見立てでいうところの組織派とアトリエ派っていうのは、建築の中で人々がこう住みなさい、こう振る舞いなさいっていうのが決まりきっていて、しかもその中で自分たちは環境に対するアクセス権を持たない。藤村さんのやり方というのは、そういったアーキテクチュアのレベルから、住んでる人たちが、自分の周りに関して、組み替えていく、そんな風な1つの方法論なんだろうな、と思ってみたわけですよ。建築は門外漢だからよくわからないけど、普通だったら、自分でコントロールできて、建築家と相談しながら作っていける環境っていうのは、自分の家くらいしかないですよね。あるいは、―もちろんこれはすべての建築家がそうだと言っているわけではありませんが…―お金のある人は高名な「建築家」に、非日常の経験のための家を建ててもらったり。
で、そういう風な二つのあり方の中で、藤村さんの提案は、もうちょっと自分の住環境を、自分なりの仕方で組み替えたいっていう時に、身近に相談できる人としての「建築家」というあり方なんじゃないかと思って。かつてで言えば、図書館にいって、司書にお願いして出してもらって調べなきゃいけなかった資料、そうしなければいけないようなものが、googleで検索すればすぐに調べられるような感じ。自分の家の間取りをこんな風に変えたいんだけど、っていう時に、「こんなのありますよ、ほかにもこんな可能性もありますけど、どうしますか?」、みたいな感じでデータベースを集めてきて提案するようなやりかたなのではないでしょうか。

建築暴走学生A
そのデータベースをいっぱい持ってる人、いっぱい集め方を知っている人が、「建築家」だということですか?

マイケル
そうですね。そういうありかたって、弁護士に似てると思うんですよ。弁護士って全部データベースだから。かつての判例を全部調べて、この案件に対してこの事例がかつてに過去あったから、こういう風に対応できますよ、みたいな。まちの弁護士やさんみたいになるっていうことになのかなぁって、いま話をしてて思ってきた。

tangerine
まちの弁護士やさんなら、「食べていける」イメージは持てますね。「法律」と同じくらい「建築」が力を持てるか、信用されるのか、ということは、かなり疑問ですけど。

 

超線形プロセス

詳しくは「思想地図vol.3」を買って読もう!


「ジャンプしない」「枝分かれしない」「後戻りしない」という三つの大きな原則に基づき、最初にゴールイメージを抱かずに、斬新な改良を重ねながら徹底して線形的に設計を進める手法。

 

ポストモダン

詳しく知りたい方はリオタール『ポストモダンの条件』を、さらっと知りたい方はwikipediaをどうぞ。
少なくともここでのモダン、ポストモダンに関する知識はマイケル氏の言う、「ポストモダンっていいも悪いもないってこと、価値の基準をもてないということ」で十分です。

 

ニコニコ動画

ニコニコ動画(ニコニコどうが)は、ニワンゴが提供している動画配信関連サービス。愛称は「ニコ動」「ニコニコ」など。「ニコニコ動画モバイル」として携帯電話端末向けにもサービスを提供している。

ニコニコ動画の特徴は、動画配信サイトで配信されている動画の特定の再生時間上にユーザーがコメントを投稿し表示できるコメント機能であり、その他にもユーザーやアップロード者同士が交流できる機能を数多く備えている。趣向を凝らして制作された動画が高い人気を得るなど、独特のコメントシステムもあいまって、独自の文化を築いている。

(wikipediaより)

 

----- clear -----

 


10/07/01 20:38 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« (Ustream配信中)... | ドネルモ.func(2)... »

関連記事

| 建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 part1 | 建築なう!『グーグル的建築家像ってなぁに?』 part3 | Fukuoka 地域サミット2013のパネリストトークに登壇しました! | [12.08.31] ちょっぴり背伸びな読書会 「ランドラ」 vol.10 ~独立国家のつくりかた?~ | 2012年ドネルモの抱負 ‐ For a change, Proud to live here | [11.12.17] BOOKSTEADY Lesson8 |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/694

コメントする