« 若手個人アニメクリエータ... | 若手個人アニメクリエータ... »

若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(前半:2/5)


『フミコの告白』作った石田祐康さんってどんな人?

ドネルモ 
じゃあ、続いて石田さんのプロフィールを。

石田 
プロフィールですかぁ。え、あ、これもやっぱり過去の生い立ちから・・・

ドネルモ
おおざっぱなところで(笑)。石田さんはずっと京都なんですか?

石田 
いえ、違います。僕も清水さんと同じ愛知です。

ドネルモ 
愛知なんですか!今日は愛知から二人も!

石田 
あ、はい、えっと、じゃあ高校時代のところから。

まず高校は美術系のところに入りました。全然映像とは関係なくて、油絵とか日本画とかそういうのばっかり描いてました。で、高校2年生の時に映像と出会いました。

最初は実写をつくるっていう講座があって、それをやったんですけど、やっぱり実写よりも絵が好きだったのもあって、アニメーションやりたいと思って。それでちょこちょこ作り始めました。そのときに、吉浦さんももちろんそうですし、そういう人たちの個人制作アニメをネットで見て、すごい憧れがあったので、作り始めました。

山元 
船にのってるやつだよね?愛の挨拶に合わせたやつ。

石田 
あ、そうです。それが初めに作ったやつですね。

山元 
あれも結構クオリティ高かった、最初から。

石田 
えーそうですかぁ?(笑)

清水
え、見たことない!

山元 
俺、石田君はフミコの前から知ってたから、なんかすげぇなって思ってた。ブログ見て、こいつやべぇと思って。こいつがもし本気で作ったら、もう、俺は、死ぬって思った(笑)。

 

石田さん画像.jpg石田祐康

'88年生まれ。京都精華大学マンガ学部アニメーション科回生。

高校2年時からアニメを作り始め
『フミコの告白』はYoutubeビデオアワード2010アニメーション部門。東京国際アニメフェア学生部門優秀作品賞。第8回インディーズアニメフェスタ三鷹賞、等受賞している。

 

 

愛のあいさつ-Greeting of love

石田さん、高校2年生のときの処女作。音楽はエルガーの『愛の挨拶』。

 

 

 

----- clear -----

石田 
いえいえいえ。えっとまぁそうやって作ってました、いろいろ。

それで、大学はやっぱりアニメーションがやりたいってことで、京都の精華大学ってところを選んでそこに入りました。そこでも業界の人がいっぱいいたので、いろいろ話を聞いたりして・・・。マンガ学部アニメーション学科っていう、すごい分かりやすいところです。

もう、ほんとにいかにもな学科なんですけど、そこに来ている教師の方もテレビアニメ出身の人とかばっかりで。ガンダムの冨野さんとかも客員教授として来ます。

山元
マジで!?

石田 
冨野さんは来るたびに怒鳴って生徒をビビらせてます。

山元 
だよねー、寝たら怒られそうだよね。

石田 
もう怒られてばっかりです。「君たちに個性なんてない!」とか言って。(一同笑)

山元 
個人クリエーターに対しては、基本的に否定的かも。「お前らごときのものしか作れない。」と言ってた。

石田 
そうですね、「基本的に誰かと組め」とは言ってましたね。自分だけじゃダメって。実際冨野さんもそうしてきたからなのかもしれないですけど。まぁそういう感じで皆怒られました。

山元 
石田くん、アニメーションが、割とロボットかな、3DでもMAYAかなんかで走らせるアニメーションとか作ってたよね?

石田 
あー、あれも大学に入ってから、常々やりたいと、ちょっと触ってみたいなって思ってた3DCGを、いじらせてもらう機会があったので。ちょっと実験で作ってみたやつですね。

 

ガンダムの冨野さん=冨野由悠季

言わずと知れたガンダムシリーズの生みの親。「コンテ千本切りの富野」と言われていたこともあるらしいすごい人。youtubeなどの動画でも、よく怒っているパッションな方。個人的には、メカ好きから酷評されている『ターンAガンダム』が神です。

 

 

 

3DでもMAYAかなんかで・・・

MAYAとは、Autodeskによって販売されている3DCGソフト。制作の専門用語が今回のセッションも多めなのは、ご愛嬌。

 

 

----- clear -----

『フミコの告白』

ドネルモ
で、『フミコの告白』にいくわけですか。フミコはどういう風な経緯で制作されたんですか?清水さんの『中学星』は修了制作だったってことでしたが。

石田
あ、はい、『フミコ』の場合はそういうのではなくて、自分たちから有志で始めた自主製作です。友達に誘われて。その頃頑なに一人でやりたいなーやりたいなーと思ってたんですけど、あまりにも必死に誘われたものですから・・・。

清水
え、そんなに!?(一同爆笑)

石田
そんなにです(笑)。だから根負けして、じゃあ一緒に、グループでやるのも経験してみるべきだと思って、やり始めたんです。で、実際やってみたら、面白かったなぁっていう感じだったんですけど。

ドネルモ
『フミコ』はどういう点で共同作業だったんですか?

石田
そのー、最初、企画をいろいろ一緒に考えたりしたんですけど、いろんな紆余曲折を経て、結局、作るものと か、絵コンテとか、シナリオとか、プロットとか、まぁプロットというほどのものでもないですけど、そういうのは全部僕で決めて、あとは、作画だったり背景 だったりCGだったりをお願いして、一緒に作ったっていう感じですね。

山元
これはもう、石田君のイメージボード!!バンって一枚絵があったじゃん?女の子が町の電柱のものすごい上 を、バッて飛んでて、パンツが見えてるっていう。とりあえず女の子のパンツが見えてる、飛んでるっていうあの絵がすごく印象的で。あれがフミコの始まり だったって言ってたよね?

石田
そうですねー(笑)。やっぱりイメージボードでバシッといいのが、これだって思えるのが描けると、それに従ってその後の作業がはかどるというか。

山元
イメージボードって、スタッフでやるときにチームのみんなのイメージを共有するっていうのですごい大事なんです。『フミコ』の場合は、すごい石田君いい仕事してるなぁと思って見てた。

石田
えぇ、ああそうですか?いえ全然・・恐縮です。でもほんとにイメージボードは常々大切だと思ってたので、最初の1,2カ月間くらいはほとんどそれを優先して、最優先事項で、それに向けてそればっかりやってました。

無理に、すぐ次の作業に進もうとせずにまず下地を・・・。あぁ、そのうちのえっと、杉井ギサブローっていうアニメ監督のすごい先生が常々言ってたん ですけど、作品は準備が深ければ深いほど、作品もそれにつれて深くなるって。それを聞いたときはよく分かっていなかったんですけど、やっぱりそうやって やってみると、よく分かるっていうか。勉強になりました。

一同
へー。

 

 

フミコの告白

石田さんの代表作。youtubeだけでも100万回以上再生されている。もう、フミコがよく走る。そしてパンツもよく見える。初見したとき5回くらいリピートしたなあ。『イヴの時間』の吉浦康裕さんも、ブログで絶賛してましたね。

 

イメージボード

ドネルモ
山元さん、イメージボードって具体的にどういったものなんですか?

山元
作品作る前に、脚本ができた状態とかコンセプトを一枚絵で表す時に使うものです。ピクサーとかグレンラガンとかもやってますけど、そういう感じでやることが多くて。クリエーターにとってもモチベーションの維持になるんですよ。

フミコの告白のときのイメージボードとか、ここで見られます。

http://f.hatena.ne.jp/Tete/15.%E3%83%95%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%81%AE%E5%91%8A%E7%99%BD/

ドネルモ
う、うまい・・・。

 

杉井ギサブローっていうアニメ監督のすごい先生

石田さんもおっしゃるとおりすごい人。アニメ『ルパン三世』の生みの親。現在京都精華大の専任教員とのこと。『タッチ』その他80年代アニメの代表作をあげればきりがないけれども、個人的には『銀河鉄道の夜』(1987)が神です。細野さんの音楽も神。

 

 

----- clear -----

あっちは、寄ってたかってやってますよね。

山元
やっぱり厚みが出るんだよね、世界に。

清水
そういうことだろうね。

石田
そうだと思います。まあ、『フミコの告白』ならまだしも、自分で世界観を作ろうとか、架空の町をつくると か、そういうことをやり始めたら、必ず必要だと思います。だからピクサーとかの、何ていうんでしたっけ、ムック本?を見てるとイメージボードだらけなんで すよね。最初に、一万枚以上描くとかなんとか。

山元
そうそう。色とかライティングまでずごい練りに練って、アートディレクターの人が何百枚も描く。

石田
今公開しているトイストーリー3で一躍有名になった日本人の方・・・

山元
堤大介さん!めっちゃ描いてるよね。

石田
そうそう、あの人はイメージボードっていうよりも、その場面場面の色合いを決めたり、雰囲気を決めたり、そういうカラーコンセプトを決める役割らしくて、イメージボードに当たる部分をとにかく描きまくってました。

山元
絵ってやっぱり色がぱっと入ってくるからね。みんな細かいとこ見てるんじゃなくて色の印象とか見てるから、そこをどうコントロールするかっていうのはやっぱり大事で。ライティングとかも。アニメーションの人って弱いもんね、ライティングとか。

石田
そっちはやっぱり絵画畑の人の方が。だから堤大介さんの場合は油絵出身の人だったらしいので、そういう人にやってもらうとアニメーションの色が決まってくるというか。

山元
そうそう。ピクサーとかしっかりしてるもんね、システムが。日本はどっちかっていうと分業制じゃないんで すよね。ジブリだったら宮崎駿さんがバァッとイメージボード描いて、それで作っちゃうんで。あっち(アメリカ)だったら、美術監督が何人もいて、イメージ ボードを描くって感じなんで。

石田
そうなんですよね。あっち(アメリカ)はほんとに、みんなで寄ってたかってやる。

山元
日本人の美徳がさ、割と「一人でやるからかっこいい」的な。新海誠もそうだし。枕詞にできるんだよ、吉浦さんとかも。やっぱり一人でやったっていうのがかっこいい、すごいみたいな。でも(フランスの)ゴブランとかね。清水君と俺は見てるけど、イーマジシャンズの作品とか、あっち(アメリカ)の学校の生徒は何人ものプロジェクトでやってるから。フランスでもね。

石田
そうですよね、ほんと。寄ってたかってやってますよね。(笑)

山元
(笑)そうそう、寄ってたかってやってるから、勝てないんだよ、どう考えても。アヌシー国際アニメーションフェスティバルとか、そういうコンペでやると。

石田
そうなんですよねー。でもあれなんか、日本人はそこをちょっと見習うべきだと思うんですけど・・・。

山元
うん、見習うべきだと思う。僕と清水君はどっちかっていうと一人とか二人でやっちゃう感じだけど、石田君 の場合は、上手いこと京都精華っていうところがさ、背景だけやる人とか、3DCGだけやる人とか、アニメーション学科に集まってるから、そこは分業し易 かったと思うんだよね。

石田
そうですね。分業でしました。(ここで、チリリンと風鈴の音)

意地ですね~

ドネルモ
いいですねー、風鈴(笑)。

石田
え!あ!スカイプでもこの音聴こえちゃってるんですか!?(一同笑) 涼しくなってきて風が吹いてきたので鳴ったんです。

山元
石田君、クーラー使わないで液タブ使ってますからね。

ドネルモ
京都みたいなめちゃ暑いところで、クーラー使わないでやってんですか!?

石田
そうですね(笑)

山元
液タブってめちゃくちゃ熱くなるんですよ。僕も液タブで作画するんですけど、石田君も相当熱かったよね?

石田
熱いですね~。

ドネルモ
それでしかもクーラー使わないのはなぜですか?

石田
意地ですね~。

清水
え、あるのに使わないの!?

石田
あ、ちがう、間違えました!無いんです、クーラー。(一同笑)

卒業間際なので、今さら付けても・・・。だから、もう扇風機と、あとは熱さまシートとかそういうのを貼って・・・。(一同爆笑)

そうそう、それでなんとかやってました。暑かったですね~。あの、液タブ使うときは手袋みたいなの付けてやらないと、もうベタベタになるんです。

山元
俺もそうなる。そうか!、手袋使えばいいんだ(笑)。

 

 

堤大介さん!

すごいイラストレーター。ニューヨークのスクールオブビジュアルアーツで油絵を学んだ後、1998年にルーカスラーニン グ入社。2000年からNYブルースカイスタジオに転職し、CG映画「アイスエイジ」などのコンセプトデザインを手が ける。2007年にピクサーアニメーションスタジオに招聘され、現在アートディレクターとして活躍中。

 

 

新海誠

日本の個人アニメ制作を語る上で欠かせない人。アニメはプロダクションによる集団制作が当たり前と思われていた2002年、新海誠さんがほぼ個人制作した『ほしのこえ』が大ヒット、DVDが10万枚以上売れたときの衝撃と言ったら。内容的にも「セカイ系」の元祖と目されるなど、時代との親和性を獲得。AOC2007の際、吉浦康裕さんは、「個人制作する上で新海誠の登場は大きなモチベーションになった」と語ってました。

個人的には、『秒速5センチメートル』所収の『桜花抄』の「拝啓、お元気ですか?」(明里)、『コスモナウト』の「これください!」(花苗)のセリフ回しが神です。

 

 

ゴブラン

正式名称「Gobelins l'Ecole de l'Image」。パリの映像アニメーション学校。卒業生はディズニーやピクサーなどの業界第一線で活躍している。

 

イーマジシャンズ

SUPINFCOMによって主催されているフランスのアニメーションコンペティション

 

 

アヌシー国際アニメーション映画祭

四大国際アニメーションフェスティバルのひとつ。フランスのアヌシーで行われるアニメーション専門の映画祭。

 

 


 

 

----- clear -----

 

 

 


10/10/06 19:32 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 若手個人アニメクリエータ... | 若手個人アニメクリエータ... »

関連記事

| 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:6/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:5/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:4/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:3/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:2/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半) |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/754

コメントする