« 若手個人アニメクリエータ... | 若手個人アニメクリエータ... »

若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(前半:5/5)


 

「お前なんで福岡にいるの?」-アニメの制作環境(技術面)

ドネルモ
静岡の清水さんも福岡の山元君も、周囲に個人制作クリエーターとか、アニメーターの人がわんさかいるって状況では必ずしもないんじゃないでしょうか。そんな状況で制作するっていうのは、ぶっちゃけどうなんでしょう?

例えば山元くんみたいなモデルが福岡にはようやく出てきたって感じなんですよ。たいてい普通アニメが作りたいとなると、東京に行くのが当たり前なんですよ。福岡の感覚では、極めて普通の発想で。

山元 
「東京に行け。」って。「お前なんで福岡にいるの?」って言われる(笑)

ドネルモ 
でも情報の流通回路は東京からの一斉配信じゃなくなってきてる。例えば清水さんのお友達のアップした動画がすごい再生数になるように、流通のシステム自体も変わってきてるし、制作自体も個人レベルでクオリティが高いものを出せるようになってきたし、っていう状況があるんですよね。

そこで、「東京に行かなくても作品作れるじゃん」「ここで普通に生活しながら作りたい作品が作れるじゃん」っていう状況も生まれつつあるのかなとは思うんですけど。実際に制作されてる方はどういう風に思ってるのでしょう?

石田 
うーん。えっと、山元さんはもう普通に仕事しているんですよね?

山元 
そうだね。物質としては、もうハードディスクと契約書が送られてくるだけで。他のことは、基本的にサーバーでのやり取りで全部いける。アフターエフェクトのデータだけをあっちに送って、レンダリングだけしてもらえばいいっていう感じ。

基本的にこっちででっかいIFFのファイル、仕事だと画質の高いTIFデータっていうのでそれを連番でやらないといけなくて、何十ギガとかいっちゃう。けど、レンダリングも東京でやってもらえるんで、基本的にこっち(福岡)でやれるね。人に邪魔されないのがいい、電話以外で。

ドネルモ 
ちなみに、レンダリングってどういう作業ですか?

山元 
レンダリングはコンピューターに画像を計算させる作業で、例えばCGだったらある動きを計算しといてねって勝手に映像を作らせられるんですよ。

だから基本的に僕らはレンダリングと切り離せないというか。CGとか、あとアフターエフェクトとかもそうだし。レンダリングが結構データとか重くなっちゃうんですよ、画像を吐き出すから。

石田 
重いですよね~。

山元 
でもそれも別に自分のところのリソースでやらなくてよくて、お金のあるところでやってくれればよいので。

石田 
へ~。完全に家で出来るんですね。

山元 
そうそう。僕らは特に、石田君だったら液タブとかでRETASで描いちゃうし、レタスっていうデジタルのアニメーションソフトでできちゃうし、清水くんは3dsMAXだっけ?マックスも基本的に自分とこでレンダリングやる必要なくて、でっかいレンダリングサーバーとかがあればそっちでやってもらえるし。

ドネルモ 
なるほど。じゃあ技術的な制作の環境についていえば、それほど格差はないってことでしょうか?

山元 
スカイプでブレストして、実際はここ(福岡)でやって。だからあれですよ、僕の場合だと漫画とかおもちゃとかに囲まれてやれるわけですよ(一同笑)

モチベーション維持のために

石田 
でもそれってモチベーション保つの難しくないですか?

山元 
モチベーション保つんだったらフリーの人とスカイプ繋ぎながら作業すればいい。

石田 
え~。なんか関係ないことも喋りながらですか?

山元 
うん、関係ないこと喋りながら作業してればいいので。あと、上手い原画集とか買ってきてたらいくらでもやる気は出てくるので。(一同笑)

グレンラガンの原画集とか見てたらすごいやる気がでてくるので(笑)。細田さんのDVDとか垂れ流してたら、細田さんのインタビューとかどんだけキツイ状況で作ってたかって言うのを見たり、あしたのジョーを読んで自分を鼓舞するわけですよ(笑)。

石田 
あー、でもそういうのはモチベーションになりますよねー。前、NHKでやってたジブリのドキュメンタリーとか見てて・・・

清水 
あ、見た見た!

石田 
あ、見ましたか?アリエッティのドキュメンタリーだったかな。ああいう頑張ってるのを見るとすごいモチベーションが上がりますよね。

山元 
宮崎さんの『もののけ姫ができるまで』もすごいいいっすよ。

石田
あ、それもすごかったですね。ああいうのを見るとすごいと思うのと同時に、さっきの話に戻っちゃいますけどやっぱり尊敬の念も出てきて…(笑)。

一緒にやりたいなって人たちが東京に集まってる-アニメ制作環境(人材面)

ドネルモ
さきほどのお話では、技術的な面ではほとんど問題がないと。だけど、人的な環境面ではどうですか。やっぱり東京が羨ましいなとか思ったりします?

清水
思いますね、やっぱり。

ドネルモ
あ、清水さん、そうですか。

山元
僕も思いますよ。芸大の人とかみんな上手いじゃないですか。後輩とか手伝ってもらえる。僕の周り、絵が描ける人がまずいないので。ほとんどの人、プログラマーとかですからね。

ドネルモ
石田さんはどうですか?京都の石田さんは、チーム制作で『フミコ』とか作られてるから・・・。

石田
そうですね、周りに人はいますね。現に卒業制作で、やっぱりみんないろんなチームを組んだり、個人でやってる人もいますけど、みんなで絵描いたりCGやったりしてるんで、そういうので刺激を受けたりしますね。後輩でも絵を描いてるような子がちょくちょくいるようなので、それで頑張らなきゃいけないなぁって思いますね。

ドネルモ
清水さんはどうですか?

清水
単純に俺は人と喋ったりするのが大好きなので、別に一緒に協力してくれるとかじゃなくても、例えば同じ空間で別々のもの作ってるってそういうのでもすごいいいなぁとか思ったり。

なんだろうなぁ、大学のノリに近いというか。集まって何か一緒のもの作るのでもいいし、別々のものでもいいし、みたいな。あーだこーだ喋りながら、「だりぃこれ全然上手くいかねぇよ」とか言いながら、「おいちょっと飲みいこうぜ」とか、そういう感じで作れたら楽しいのになっていう。

それでいいものができるかとかそういう問題じゃなくて、単純にこういう風に作りたいっていう自分の欲求なんですけど。

ドネルモ
今の清水さんのお話だと、もちろんスカイプみたいな繋がりもあるんだけれど、例えばでっかい制作室でみんな色々別々のことをやってる、そんな大学みたいなノリが結構大事ってことですよね。

清水
そうですね。その感じを30%くらいはスカイプで出せるんですけど。実際僕も友達とスカイプ繋いで、ほとんど喋らないまま、下手したら十何時間も繋いでやったりしてるんで、それで欲求は多少保管されてるんですけど。

でもやっぱり会うのには絶対敵わないというか。やっぱどうしても、そういう一緒にやりたいなって人たちが東京に集まってるってのが現実かなって。大学の友達もほぼ仲良い人達は東京行っちゃったんで。

石田
すごいな、東京・・・。

清水
ダイソンに吸い込まれちゃうみたいに、もう・・・(笑)。お前も行っちゃうのかよ、っていう。

石田
吸い込まれちゃうんですね。

清水
そう、ほんとに吸い込まれちゃうっていう表現。

ドネルモ
じゃあ清水さんが静岡に残られたのは、なんでなんですか?

清水
僕はもう就職する気でいたので、初めから。で、大学院で就活する時期になって、色々悩んだんですけど。

何の因果か映像というものに出会ってしまったから、それに関わって生きていくのが多分一番いいなと思って。「映像に関われればどこでもいいや」って、いろんなとこ就活してたんですけど、その中で自動車会社のデザイン部の話が教授伝手に来て…。

「映像に関われればいい」っていう緩い縛りだったので、それはそれでちょっと面白そうだなって。みんな東京行っちゃったし、意外と自分だけ浜松残っても面白いかもしれんと思って。

若手アニメクリエーター:コンペ入賞者の3つの道

ドネルモ
なるほどー。そういうルートはわりと当たり前のことなんでしょうか。つまり、youtubeでけっこうな再生数があって、コンペもとってる。そんな才能を持つ若手クリエーターの行方と言いますか…。

山元
映像でコンペとった人って、映像に関わる道って3つしかないと僕は思っていて。

1つは普通に映像プロダクション、IGとかああいったところに入って下積みからこつこつというスタイル。

2つ目は、フリーランス、上甲トモヨシさんとか青木純さんみたいなフリーランス。

で、3つ目が、メーカーに入りつつ自分の時間で制作するっていうスタイル。しりあがり寿さんが先方っていうか、アサヒビールとか、パナソニックとかバンダイとかああいうところに入って、安定しつつ制作する。

ギャグアニメクリエーターは割とコミュニケーションとか大事にしないといけないし、技術で戦うわけではないので、メーカーに入りつつ、コミュニケーションしてネタを集めしながら土日とかに制作したり、あとメーカーは早く帰れるので、そういう時間に作るひとが多いですね。

清水
それを狙ってメーカーに入ったわけではないんですけど、結果的に働きながらでも作れるんですよね。

山元
清水君、社会人なのに結構連絡が取りやすくて(笑)。代理店に入った友達とか連絡取れない。もう夜まで基本的に忙しいんで。

清水
5時半に帰りますからね!中学生かっていう(笑)。お母さんただいまーってくらいの時間ですよ。(一同爆笑)

山元
僕の先輩のギャグアニメクリエーターの谷口さんとかもメーカーさんに勤めてるし。安定してるんですよね、やっぱり。

 

セッション1後半アップしました!→こちら

 

 

----- clear -----

 

 


10/10/07 05:33 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 若手個人アニメクリエータ... | 若手個人アニメクリエータ... »

関連記事

| 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:6/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:5/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:4/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:3/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半:2/6) | 若手個人アニメクリエーター TalkAround!! セッション1:清水誠一郎×石田祐康×山元隼一(後半) |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/757

コメントする