« 【インタビュー】あの日見... | 【インタビュー】楽しい手... »

【インタビュー】楽しい手土産 久留米まち旅博覧会(1/2)


インタビュー:行武理加
構成:行武理加
監修:ドネルモ


kurumematitabi.jpg

私たちが旅に出る理由は、ちょっと疲れた、ちょっと遊びに行きたい、ちょっと美味しいものを食べたい、ちょっと違う土地のナニかを体験したい、そんな「つまみ食い」精神で出来ています。その「つまみ食い」精神を胸一杯にして、久留米を堪能できる「久留米まち旅博覧会」が毎年2回春・秋に開催されています。

そこでは興味や好奇心が満足できるよう、「芸術・食・伝統・歴史・B級グルメ・健康・親子参加・交流」の多彩な企画がラインナップ。私も、座禅/芯から作る櫨蝋燭/アート写経など、福岡に住んでいては経験できそうもない企画に参加しました。それらは楽しくて、面白くて、ナニそれ〜〜!の連続。プロの世界にお邪魔して体験させてもらう。こんな経験ができる「久留米まち旅博覧会」って何?それを知りたくて窓口である事務局をノックすることにしました。

目的の「久留米まち旅博覧会」事務局は市民会館の中にあります。「財団法人 久留米観光コンベンション国際交流協会」誘致広報課主幹・木本洋輔さんに話しを伺うことができました。

「久留米通」が集ったらこうなった

 

行武
「久留米まち旅博覧会」のことを教えてください。ガイドブックには「久留米広域定住自立圏事業」とあります。

木本さん
「久留米まち旅博覧会」は「久留米のまち」を旅してもらうガイドブックです。プログラムは体験・交流・学習が地域発信によって行われています。現在は久留米広域定住自立の事業として行っていますが、当初は九州新幹線開通に向けての観光事業から始まりました。他県の人に、久留米のイメージを尋ねると「車や電車で通る」「ゴムの町」「商業の町」と、観光で訪れる声はありませんでしたからね。

そこで平成18年に「久留米通」を10名選抜し、月に一回久留米のいい所、面白い場所を自由に語ってもらいました。翌年、先の10名を解散、新しく交流協会と久留米市とで「久留米通」22名を選抜。前回と同じようにアイデアを出し合ってもらいました。

行武
「久留米まち旅博覧会」で、久留米の特徴が伝わっていますか。

木本さん
第1回まち旅(平成20年)から第4回(平成23年)まで、久留米の自然、町並み、出会いなど「まち」を旅するための特徴は開催回数を重ねるごとに出ていると思います。

例えば、現在でも人気のある企画「梅林寺で本格座禅体験」。朝から夕方まで雲水さんと共にお勤めをし、密度のある時間を過ごします。他に「ムーンスター(月星)のベビーシューズづくり」もありますね。以前は「マイシューズづくり」でしたが、キャンセルされると事前に型を取っていたシューズが無駄になる事で、ベビーシューズづくりに変更になりました。これらはまさに久留米の「まち」を旅して体験できる企画です。他に外歩きをガイドと楽しむなど…ガイドブックに入っている久留米らしさを挙げたらきりがありません。

行武
私も「梅林寺 座禅」は体験しました。お掃除から食事まで規律の厳しい雲水生活。喋ってはいけない、音を立ててはいけない…なのに、食事の漬け物にはたくわんが出るんですよ(笑)。ゆっくり噛んでも“ポリッ”と音が出て焦ってしまいました。仕方ないので丸ごと飲み込み、苦しかった。

木本さん
そうですか(笑)。座禅はリピーターで5回も体験している方がいます。何度行っても違った空気があるのでしょうね。雲水さんと同じ食事をいただき、丸一日体験できるのは珍しいことだと思います。

当初は婚活の企画などありました。私たちのような、ある意味公共性を持った団体が実施するということで安心感があるのか参加者は多かったのですが、「まち旅」で行わなくてはいけないものではないので現在は実施していません。

 

つづきはこちら!

1/2 | 2/2 

 

 

 

久留米まち旅博覧会 http://www.kurume-machihaku.com/

開催日時:2011年10月1日〜11月30日
ご予約はお早めに!

rogo kurume.jpg

 

福岡県久留米市

久留米市(くるめし)は、福岡県の南部(筑後地方)にある都市。福岡市、北九州市に次いで福岡県第3位、九州全体では第8位の人口を擁している。焼き鳥店数が人口1万人当たり約8軒であり、この数値は日本一。

 

梅林寺で本格座禅体験

20110831141656e1f.jpeg

 

ムーンスター(月星)のベビーシューズづくり

5_20110829183247.jpeg

 


 

----- clear -----

 

 

 


11/10/21 14:28 | コメント(0) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 【インタビュー】あの日見... | 【インタビュー】楽しい手... »

関連記事

| 【インタビュー】楽しい手土産 久留米まち旅博覧会 (2/2) | BOOKSTEADY Lesson.1 8/13「ドゥルーズレッスン器官なき身体、欲望する機械について」 PART.1 | 【新春企画】「わたしの2011年たち」 〜寺下良真さんのばあい〜 | 2012年ドネルモの抱負 ‐ For a change, Proud to live here | 【新春企画】「わたしの2011年たち」 〜石田陽介さんのばあい〜 | 一本の線からはじめよう Ewan Clayton Workshop in Fukuoka 2011 フォトレポート(3/3) |


トラックバック(1)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/903

これまでにも久留米のまち旅に参加して、楽しい記事をネットにあげてくださってた、 フリーライターのリカさんが、今回は、福岡発の文化系サイト「 donner... 続きを読む

コメントする