« [13.8.5]実践者が... | [13.9.14]【参加... »

[13.8.11] やりたいことをカタチにするWS 「マウルをつくろう! in 桜坂」


1063091_490244097727339_50039296_n.jpg


私たちの暮らしや地域社会は課題や問題でいっぱい。そんな中で、自分たちが求めるまちや生活を、自分たちで作っていく方法には、どんなものがあるでしょうか?

そのためのヒントが、韓国のソンミサンマウル」にあります。「いいね!」と思うことを自分でもやってみる人々が集う不思議なコミュニティで、住民自らが60以上の事業を営んでいます。 

「マウルをつくろう!」は、そんな「ソンミサンマウル」をモデルに、お互いが≪できること≫を持ち寄り、自分たちが求めるまちや生活のつくり方を学ぶレクチャーワークショップです。

コーディネートはNPO法人ドネルモ。ソンミサンに視察に行ってきたばかりで、写真や動画で現場の雰囲気を楽しくお伝えします。同時に「やりたいことをカタチにする」事例を、ドネルモの活動から紹介します。

盛りだくさんで、ちょっぴり長めの2時間。みなさんお気軽にご参加ください!わたしたちの「マウル」、一緒に作ってみましょう!

やりたいことをカタチにするWS          「マウルをつくろう! in 桜坂」


【当日の流れ】

・トーク:ソンミサンマウルについて

・ワークショップ:ソンミサンマウル・ゲーム【(株)エンパブリックの開発したWSです】

-----------------------------------------------------

❐日時
2013年8月11日(日)13:00~15:00

❐会場
桜坂山ノ手荘(福岡市中央区桜坂3-12-81)

❐料金
無料

❐定員
10名

❐ご予約・お問い合せ

❐申込・問い合わせ方法
Mail: yj@tenjinpark.com / Tel: 092-720-2122(牛島)

❐主催
主催:株式会社スペースRデザイン、NPO法人ドネルモ

 

 

桜坂山手荘

sakura_mini.jpg

まちがもっと身近に感じられる。カジュアルでクリエイティブな“仕事”の集う交流・発信型アパートメント。→http://www.space-r.net/tenant/sakura

 

マウル

mauru.jpg

韓国語で「マウル」とは、《生活に必要なことを、ともに話し合い、工夫し、ともに解決するプロセスのなかで形成される人々のつながり》のこと。

----- clear -----

13/08/05 02:00 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« [13.8.5]実践者が... | [13.9.14]【参加... »

関連記事

| [12.10.13]【参加者募集中!!】ユニバーサル都市・福岡フェスティバル支援事業 レクチャーワークショップ 「地域に役立つ ≪しごと≫ づくり」 | [13.8.25] 美和台コミュニケーションズにトライアルする1日 | 2012年ドネルモの抱負 ‐ For a change, Proud to live here | [11.12.17] BOOKSTEADY Lesson8 | 一本の線からはじめよう Ewan Clayton Workshop in Fukuoka 2011 フォトレポート(3/3) | 一本の線からはじめよう Ewan Clayton Workshop in Fukuoka 2011 フォトレポート(2/3) |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/995

コメントする