« ドネルモの提案が 福岡市... | 公民館での「遊び方」--... »

Fukuoka 地域サミット2013のパネリストトークに登壇しました!


2013年11月5日(火)にFukuoka地域サミット2013「産学官民一体で取り組む成長戦略」が開催され、テーマ別セッション<人材部会>「Citizen-Led Innovation – 市民発イノベーションが地域の未来をつくる」のパネリストトークに、代表理事の山内泰が登壇しました。

 

fdc2_2.jpg

                                                                 《パネリストトークの模様1》(c)Fukuoka D.C.

 

「Citizen-Led Innovation – 市民発イノベーションが地域の未来をつくる」

前半は、コペンハーゲンからゲストで招かれたAnne Dorthe Josiassenさん(デンマーク・デザインセンター最高執行責任者)による、市民・行政・企業が参加したデザインプロジェクトの事例発表。

1462947_540403956047539_1548695421_n.jpg

《会場の模様》(c)Fukuoka D.C.

後半は藤岡定さん(anno lab 代表)、山内泰(NPO法人ドネルモ 代表理事)、近藤力さん(NTTコミュニケーションズ株式会社)による、それぞれの取り組みの紹介。つづいて、「市民発イノベーションの可能性」をテーマに、リパブリック・田村大さんのファシリテーションでディスカッションが行なわれました。

 

福岡地域戦略推進協議会(以下、FDC)

2011年に発足以来、福岡都市圏が東アジアのビジネスハブとして、多様な人が集う持続可能な繁栄した地域になることを目指し、国際競争力の強化に向けた地域戦略を策定。その後、重点分野に基づく5つの部会(観光/環境/食/人材/都市再生)を立ち上げてプロジェクトを決定し、事業体の組成を視野に事業計画を策定し、推進。

今回、Fukuoka 地域サミット2013は、FDCのこれまでの活動や今後の展望を報告するとともに、部会ごとのセッションを通じて、産学官民が一体となって地域戦略に取組む重要性を確認し、共有する場。

 

bab66c9f76281d915ec621a6f77bfb75-212x300.jpg

 

----- clear -----
<h3>線と向き合ってウレシ・ハズカシ2日間 DAY 2</h3>
<p>&nbsp;朝、「スタヂオポンテ」に着く前に近所の公園で拾いモノをチェック。参加者全員が同じ気持ちのようで、それぞれ新しいツールが目の前に準備されていました。真剣に自分も文字を作り上げていきます。前半3時間は昨日の続きを描きます。</p>
<p><img src="http://donnerlemot.com/item/image/RIMG0049.JPG" alt="RIMG0049.JPG" width="640" height="453" /></p>
<p>そして、これ(左下写真)が私の作った文字。ショボくてスミマセン。これだけでも大変だったんです。デジタル作業に慣れていると、やり直しは⌘Z。簡単に行えます。反面アナログは間違ったらソレで終わり。前身の神経がトンガリます。</p>
<p><img style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;" src="http://donnerlemot.com/item/image/RIMG0052.JPG" alt="" width="300" height="225" /><img style="float: right; margin: 0 0 20px 20px;" src="http://donnerlemot.com/item/image/RIMG0048.JPG" alt="" width="300" height="225" /></p>
<p>そしてランチ後の2時間は、単語を選び(例えば&ldquo;bird&rdquo;)作業に没頭します。 目の前に座ったmasa さんは、新しいナニかを見つけたように爆発してました。どんどん使用していた枝が折れ、しまいにはインクを口でフーフー吹く技を発見。これからはフーフー道を極めるようです。この意外性が手を動かす醍醐味なのかもしれません。</p>
<p><img style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;" src="http://donnerlemot.com/item/image/RIMG0061.JPG" alt="" width="335" height="225" /><img style="float: right; margin: 0 0 20px 20px;" src="http://donnerlemot.com/item/image/RIMG0063.JPG" alt="" width="335" height="225" /></p>
<p>クラスの終わりは作品を一つずつ紹介し、面白い所を説明します。このドットがスバラシイ!と絶賛。</p>
<p><img src="http://donnerlemot.com/item/image/RIMG0069.JPG" alt="RIMG0069.JPG" width="640" height="480" /></p>
<p>&nbsp;</p>
<div id="entry-left">
<p>一つの文字からアイデアを練り作品に繋げていく。それが今回参加したWSでした。ユーアンの「文字は強弱が大事」が印象的に残ります。インパクトのある文字列ばかりだと読み手側の視線が散漫になるし、細い線ばかりだと作品が弱々しくなる。文字のバランスが一番なのだと何度も話しています。</p>
<p>とてもフレンドリーなユーアンのおかげで、緊張していた初体験のカリグラフィーWSは楽しく終了しました。カリグラフィーを全く知らない人も、ちょっとだけカジったことのある人も、次回は是非チャレンジしてみてください。手書きの面白さを再発見するはずです。</p>
<h3>WS案内</h3>
<p>初島さんがイギリスで学んできたブックバインディングWS『11月22日(火)10:30〜15:30 7000円』が開催されます。自分で本を作るって、ちょっと面白そうじゃないですか?詳しいことは<a href="http://www.studioponte.com/sp.cgi?t=news" target="_blank">スタヂオポンテHP</a>へ</p>
<p><strong>【スタヂオポンテ】</strong></p>
<p>□住所:福岡市中央区天神 5-1-15 天神ロイアルハイツ 703<br />□電話番号:092-715-7310<br />□問い合わせ:Satsuki@StudioPonte.com<br />□HP:<a href="http://www.studioponte.com/sp.cgi?t=news" target="_blank">http://www.studioponte.com/sp.cgi?t=news</a></p>
<p>&nbsp;</p>
<h2><a href="http://donnerlemot.com/2011/11/03000934.html">1/3</a> | <a href="http://donnerlemot.com/2011/11/03000935.html">2/3</a> | <span style="font-weight: normal;">3/3</span></h2>
<p>&nbsp;</p>
</div>
<div id="entry-right">
<div>
<h4>今回の記事のライター</h4>
<h4><img src="http://donnerlemot.com/item/image/likeness2.jpg" alt="likeness2.jpg" width="150" height="150" /><br /><br />行武理加(フリーライター)</h4>
<p>できたてホヤホヤ、アツアツのフリーライターです&larr;ってのを言い続けられるのはいつまでなのかな?なんてのを考えながらカフェオレ飲む日々。(一 息で言ってみました。)歴史・芸術探訪しながら、それぞれが持つ「らしさ」を文章にしています。よく道に迷って銘菓探訪になっちゃいますが。</p>
<p>&nbsp;</p>
</div>
<p>&nbsp;</p>
</div>
<div>----- clear -----</div>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>そして、これ(左下写真)が私の作った文字。ショボくてスミマセン。これだけでも大変だったんです。デジタル作業に慣れていると、やり直しは⌘Z。簡単に行えます。反面アナログは間違ったらソレで終わり。前身の神経がトンガリます。そしてランチ後の2時間は、単語を選び(例えば“bird”)作業に没頭します。 目の前に座ったmasa さんは、新しいナニかを見つけたように爆発してました。どんどん使用していた枝が折れ、しまいにはインクを口でフーフー吹く技を発見。これからはフーフー道を極めるようです。この意外性が手を動かす醍醐味なのかもしれません。                                                                        《パネリストトークの模様2》(c)Fukuoka D.C.

fdc1_1.jpg

《パネリストトークの模様2》(c)Fukuoka D.C.

パネリストトーク&ディスカッションで、山内が行なった話題提供は、「市民発イノベーションはどこにあるのか」というもの。ふつう、「イノベーション」というと、一部のクリエイターや先進的な企業が行なうもののように考えてしまいがちですが、「一般にクリエイティヴやイノベーティヴだとは思われていないところ」に市民発のイノベーションは潜在しているという主旨の話を、ニコニコ動画や昨今の福祉、まちづくりの事例を交えつつ行ないました。

 

***********************************************************************
【イベント概要】

日時:2013年11月5日(火)13:30~15:30
Fukuoka 地域サミット2013 テーマ別セッション<人材部会>
「Citizen-Led Innovation – 市民発イノベーションが地域の未来をつくる」(定員100名/セミナー&パネルディスカッション)

●テーマ別セッションの時間割

13:30-13:35 部会長挨拶(FDCおよび人材部会の取り組みの概要)
(登壇者)中村 英一 福岡市総務企画局長

13:35-14:05 <キーノート・トーク>『北欧都市に見る市民発イノベーション、福岡とのコラボレーションに期待すること』
Anne Dorthe Josiassen, Danish Design Center, COO(デンマーク・デザインセンター最高執行責任者)

14:10-14:40 <パネリスト・トーク>

コミュニティデザインや地域変革に取り組むNPOやクリエイティブな事業活動を行っているスタートアップ企業などに福岡の多様な市民コミュニティを代表して、それぞれの取り組みをご紹介いただくとともに、企業のイノベーション推進担当者に企業におけるオープンイノベーションの取り組みなどについてお話しいただきます。

藤岡 定 anno lab 代表
山内 泰 NPO法人ドネルモ 代表理事
近藤 力 NTTコミュニケーションズ株式会社 担当課長

14:40-15:30 <パネルディスカッション> 『Citizen-Led Innovation – 市民発イノベーションの可能性』
(モデレーター) 田村 大 Re:public.Inc 共同代表

(パネリスト)Anne Dorthe Josiassen, Danish Design Center, COO(デンマーク・デザインセンター 最高執行責任者)
藤岡 定 anno lab 代表
山内 泰 NPO法人ドネルモ 代表理事
近藤 力 NTTコミュニケーションズ株式会社 担当課長

●登壇者プロフィール <パネリスト>

■Anne Dorthe Josiassen, Danish Design Centre, COO (デンマーク・デザインセンター最高執行責任者) デンマーク政府経済商務省、同政府政策研究シンクタンク・FORAのマネージャーを経て、2012年よりデンマーク・デザインセンターの最高執行責任者。同センターの戦略及び経営を統括する。専門は政治学。イノベーション、アントレプレナーシップ、デザイン及びクリエイティブ産業における政策立案に豊富な経験を持つ。

■藤岡 定 anno lab 代表 福岡発のクリエイティブラボanno lab 代表、芸術工学博士、アーティスト。福岡を世界一楽しい街にするために活動する。見て美しいだけでなく仕組みの面白さから知的好奇心が刺激される作品制作を心がけ、作品は世界各国のメディア芸術祭で演奏・展示される。演奏後に演奏システムに直に触れる体験型ライブ演奏会や、作品の制作過程を公開する科学館的手法のデジタルアート展、世界中の最先端アーティストを呼んでの制作ワークショップ等、次世代のクリエイティブを支援するイベントも多く手掛ける。

■山内 泰 NPO法人ドネルモ代表理事 2008年、九州大学芸術工学府博士後期課程修了(芸術工学博士)。ドネルモは「自分たちが求める状況を、自分たちで作ろうとする人たち」を応援する団体。「地域活動はクリエイティブに 文化活動はインクルーシブに」という方針の元、コミュニティデザイン・文化事業・調査研究のプロジェクトに従事。現在は「コミュニティで創る高齢社会のデザイン」など、これからの地域モデルを開発する仕事を中心に活動中。

■近藤 力 NTTコミュニケーションズ株式会社 担当課長 日本電信電話株式会社に入社後、ICカードを活用した認証決済システムの開発に従事。その後、欧州外資系企業向けにグローバルネットワークやデータセンタソリューションの提供を通じて、企業とその先の利用者が必要としているもの、快適になるものを見極める経験を積み、現在はスマートフォンを含む各種デバイスとクラウドを連携したサービスインキュベーションを推進。

<モデレーター>

■田村 大 Re:public. Inc共同代表 株式会社リ・パブリック共同代表。東京大学i.school共同創設者兼エグゼクティブ・フェロー。人類学的視点から新たなビジネス機会を導く「ビジネスエスノグラフィ」のパイオニアとして知られ、現在は、地域や組織が自律的にイノベーションを起こすための環境及びプロセス設計の研究・実践に軸足を置く。著書に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)

 


13/11/22 14:41 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« ドネルモの提案が 福岡市... | 公民館での「遊び方」--... »

関連記事

| [13.8.25] 美和台コミュニケーションズにトライアルする1日 | [13.8.5]実践者が語る!社会起業のススメ「島根で暮らす・仕事をつくる」 | [13.5.19]【参加者募集中】アカネモラジオvol.2 アカツキに聴く「しごとが生まれるコミュニティ」(MC:NPO法人ドネルモ) | 2012年ドネルモの抱負 ‐ For a change, Proud to live here | [11.12.17] BOOKSTEADY Lesson8 | 壱岐南公民館でボランティア会議のファシリテーションを実施! |


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1004

コメントする