« 【福岡市共働事業提案制度... | 【福岡市共働提案事業】「... »

【コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン】「おたがいさまコミュニティ・フォーラム発足交流会」が実施されました!


IMG_9609.jpg

「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」プロジェクトで、この度「おたがいさまコミュニティ・フォーラム発足交流会」が実施されました(2014.05.19@電気ビル共創館3階カンファレンスB)。本プロジェクトに協力しているドネルモも、人と人をつなぐ「フォーラムマスター」として、エプロン姿でお手伝いしてきました。

th_IMG_9584.jpg2012年から取り組んでいる本プロジェクト、本年度では、これまで関係が希薄だった地域と事業者を結びつけ、連携による地域課題の解決を促すことを目的に、コミュニケーションの場づくりを行っていく予定です。この度のフォーラムは、その立上げの交流会でした。

th_IMG_9740.jpg会場には、モデル地域となっている美和台校区(東区)や金山校区(城南区)など地域の方々、数十社の事業者の方々、福岡市の行政関係者、そして東京と福岡のコミュニティ研究者などなど、総勢100名近い方にお集りいただきました。立食形式で、各テーブルでの交流を進めながら、時折、地域や事業者それぞれの取組みを会場全体に紹介する時間を挟むかたちで、交流会が進みます。 

th_IMG_9636.jpg地域側からは、高齢化の現状や課題、そしてそれに対する取組みが紹介されました。40年前に開発されたニュータウンで、土地の起伏が大きく坂道の多い美和台校区での、コミュニティバス運用の実験のこと。更には美和台に拠点を置く立花高校や和白病院の地域への思い。また団地を中心とする金山校区からは、隣近所のつながりが少なくなったことから孤立化する高齢者への懸念が語られました。

th_IMG_9684.jpg一方事業者側からは、福岡市社会福祉協議会の「ずーっと安心やすらか事業」(見守り・入退院のお手伝い・葬儀・家財処理等のサービス)、そして15社もの協定企業と連携して見守り活動を展開しているNPO法人孤立防止ネットワークの「見守り推進プロジェクト」の他、各事業者の方々から一言コメントをいただきました。職種はさまざまながら、高齢社会への取組みの関心の高さと同時に、地域への関わり方を探る試行錯誤が伺えます。 

th_IMG_9736.jpg各テーブルでは、地域の方と事業者の方がそれぞれに気になる相手にアプローチ、フォーラムマスターがつなぎます。事業者の方と地域の方が意気投合、一緒に取組みを進めようとする前向きな話も、いくつか聞かれました。

本プロジェクトでは、今後も定期的に、こうした場づくりを実施していく予定です。

 

コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン
『2030年代をみすえた機能統合型コミュニティ形成技術』研究プロジェクト

本プロジェクトは、特定非営利活動法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター(AABC)、公益財団法人九州経済調査協会、福岡市(総務企画局企画調整部)の三者による研究コンソーシアムです。また、独立行政法人科学技術振興機構による戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発:RISTEX)の採択を受けて活動しています(2012年10月~2015年9月)。
ドネルモは、ワークショップのデザイン・実施協力というかたちで関わっています。

webサイト→http://active-aging-community.info/ 




 

----- clear -----

 

 

 


14/05/22 00:28 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 【福岡市共働事業提案制度... | 【福岡市共働提案事業】「... »

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1018

コメントする