« 【超高齢化する「これから... | 「地域デザインの学校」プ... »

Conte36号が完成しました!


IMG_1588 (680x451).jpg

ドネルモは、平成26年度福岡県NPO・ボランティアセンター委託により、「情報誌Conte」を制作しています。おかげさまで7月発行の35号に引き続き、今月、36号が完成しました!表紙イラスト&デザインはデザイナーの中居真理さん。写真&文章は本団体の宮田、森山、櫻井が担当しています。

・配布場所は福岡県NPO・ボランティアセンター
・WEB版はこちらからご覧いただけます。ぜひ!→http://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/wetty/books/view/30

 

今号の特集は「活動につながる「学び」のつくり方」

ボランティア養成講座、スキルアップ研修、勉強会…など、NPOやボランティア団体では、活動の担い手づくりや人材育成を目的とした様々な「学びの場」が企画、実施されています。しかし、教えられた内容をひたすら覚えたり、一方的に話を聞くだけの学びは、ともすれば、辛くて苦しいものと受け止められがち。“内容がマンネリ化している”“学びの成果が現場に活かされない”といった悩みもよく聞こえてきます。そこで今回の特集では、参加者の気づきやアクションを促すための、ユニークで工夫に満ちた「学び」の実践についてご紹介しています。

その他にも、福岡県のNPO・企業・行政などが、お互いの知恵や力を持ち寄って実施する“協働の現場”を紹介した「ふくおか協働百科」や、様々な分野の統計データから社会課題の解決に取り組むNPOにスポットを当てた「数字からみる福岡のNPO」など福岡県のNPOに関する情報が満載です!

-------------------

Conte vol.36 CONTENTS

□ 特集「活動につながる「学び」のつくり方」

福岡テンジン大学 岩永真一さん
福智町 教育委員会生涯学習課 並川昌太郎さん(Fukuchi地域活動スタートアップ講座)
特定非営利活動法人グリーンシティ福岡 志賀壮史さん

□ ふくおか協働百科

拡大写本グループ 福岡アンパソ
ベッタ会

□ “成果”を伝える報告上手になろう! その二

自分たちの活動の成果について考えよう!

□ 数字からみる福岡のNPO

特定非営利活動法人たんがく 樋口千恵子さん

□ 県ボラ通信

□ TOPICS

 

 

Conte36 (170x240).jpg

情報誌「Conte コンテ」

Conteは、福岡県内のNPO・ボランティア団体や企業、行政などのさまざまなステークホルダーが社会課題の解決のために取り組んでいる「協働」事業を紹介する季刊情報誌(福岡県発行)です。1号あたりの発行部数は7400部。県内のすべてのNPO法人(約1700法人)のほか、一部の企業やボランティア団体、県内のNPO支援センターなどに配布されています。

発行:福岡県NPO・ボランティアセンター http://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/

 

 

 

----- clear -----

 


14/10/16 17:16 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 【超高齢化する「これから... | 「地域デザインの学校」プ... »

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1040

コメントする