« 【地域デザインの学校 i... | 【地域デザインの学校in... »

【地域デザインの学校in千早】講座第2回を実施しました!


福岡市とドネルモの共働提案事業「地域デザインの学校」。講座第2回目「気づきを持ち寄る!〜千早に気づく/気づきを持ち寄る〜」を開催いたしました(2014.11.3)。

IMG_1921 (680x453).jpg

千早に気づく

1.はじめに:インタビューの準備とまちあるき

今回はまず、第1回で学んだ「ご近所インタビュー」を、実際に受講者のみなさんがやってみました。千早小学校の図書室でのガイダンスの後、4つのグループに分かれてインタビューの準備をしたら、早速インタビューするために、千早のまちへ出発です(上写真)。まちあるきをしながら、それぞれのチームのインタビュー先へと向かいました。


2. 「千早で活動する人に話を聞く」:4グループでそれぞれにインタビュー!

_DSC1836 (2) (680x452).jpg

グループ①(上写真)は、村上さん(千早自治連合会会長)にインタビューしました。会場は、自転車屋さんとカフェが併設された5カフェ千早店です。村上さんには、開発前の千早のことから最近の千早の地域活動のことまで幅広くお話を伺い、時間オーバーの盛り上がりとなりました。

IMG_1935 (680x453).jpg

グループ②(写真上)は、千早でカフェを営む中嶋さん(Nextichicabachica代表取締役)にインタビュー。会場は、中嶋さんの営むカフェ「115Park」です。「こんな素敵なカフェがあったんだ!」とみなさん驚かれつつ、また男女ともに「初恋ラテ」を楽しみつつ、「カフェを地域のインフラにしたい!」という中嶋さんの思いや課題を共有しながら、話が弾みました。

DSC_9493 (680x455).jpg

一方、グループ③(写真上)は、塩塚さん(ふれあいサロンみゆき代表)にインタビューでした。会場は、ふれあいサロンが行われる千早公民館です。主婦感覚を大事にしながら高齢者へのサポートをボランティアでされている塩塚さん。受講生のみなさんも、その人間的な魅力に感銘を受けられているようでした。

DSC_9500 (680x455).jpg

グループ④(写真上)も、同じく公民館にて、畑島さん(主任児童委員)にインタビュー。3人のボランティアで、土曜の10時〜15時まで、公民館で子どもと一緒に遊び、お昼ごはん(100円!)を一緒に食べる活動をH18年から続けてらっしゃいます。そのお話に、みなさん感銘を受けていらっしゃったようです。

インタビュー終了後は、千早小学校の図書室に戻って、お昼ごはんです!

ランチタイムトーク

IMG_1969 (680x453).jpg

今回のランチタイムトークには、見野由美子さんにお越しいただきました。見野さんは、美和台公民館に職員さんとして働きながら、幅広く地域活動に関わってらっしゃいます。その様子があまりにも楽しそうで、かつてドネルモ山内が西日本新聞に寄稿した文章で紹介させていただいたこともありました。(記事はこちらからご覧いただけます。

見野さんには、「地域での運動会での音楽担当」「美和台校区でどんたくに参加」など、いろいろ面白いエピソードをご紹介いただきました。見野さんは、「自分がやりたいこと」と「地域が求めるもの」をうまく組み合わせながら、ご自身はもちろん、地域に住む人々も活き活きと関われる場づくりに取組んでいらっしゃいます。それはまさに、地域デザインの学校が目指す方向性です。

見野さんには、午前のまちあるき&インタビューや午後のふりかえりにもご参加いただき、受講者のみなさんともわいわいお話されていました。

 

 

IMG_1982 (680x453).jpg

ランチタイムゲスト:見野由美子さん

□美和台公民館 事務員

□ふくおか女性いきいき塾 2期生
(福岡県女性リーダー養成講座)

【地域での活動】

・美和台校区人権尊重推進協議会事務局長

・美和台子どもを守る会事務局長

・自警団団員

・美和台校区どんたく隊事務局長

・SONG FOR YOU NETWORK 代表
(音楽でのボランティア活動)

 

 

 

----- clear -----

 気づきを持ち寄る

DSC_1865 (2) (680x452).jpg

3. インタビューの気づきを持ち寄る:ふりかえり

 お昼からは、インタビューのふりかえりです。まず各グループ毎に、ポストイットを使って、インタビュー内容のふりかえりをしました。

IMG_2027 (680x444).jpg

ポストイットは、模造紙にまとめていきます。まとめが進んだ段階で、自分たちがインタビューしてきた内容とそこでの気づきを発表。全体で共有しました。

IMG_2041 (680x438).jpg

各グループのインタビューの成果をみなさんで共有をした後は、全体でのふりかえりとなりました。自分たちのグループの発表のみならず、他のグループの発表を通じて、千早で知らなかったことやインタビューの結果を聞いて気になったことなど、各々お話いただきました。

その中で印象的だったのは、「今日インタビューしたような既に活動している人たちを、更につないだり支えたりするキーマンが大事」との意見が、いくつかのグループから聞かれたことでした。「地域が求めていること」が、受講生の方々の議論の狭間に、徐々に見え隠れしてきているように思ったのです。

ここまでで、今回の講座は終了。みなさん、おつかれさまでした!!

なお今回の宿題は、千早で「あったらいいな」と「もったいないな」をリストアップしてくる、というもの。次回を楽しみにしております!

次回予告

11月30日(日)第3回 活動のつくり方を知る!~企画を作る上で大切なこと~

次回の講座では、大牟田地域包括ケアセンターの猿渡進平さんを講師としてお招きし、活動の先輩のお話をじっくりと伺います。

また、今回までの講座を通じて気づいた「もったいないな」「あったらいいな」をもとに【ソンミサンゲーム】というワークショップを行う予定です。乞うご期待!

※「地域デザインの学校」の講座見学について、若干名ですが受け入れております。見学ご希望の方は、必ず事前に、ドネルモ(donnerlemot@gmail.com)までご連絡ください。

※今回の見学は定員に達したため締切いたしました。 


14/11/04 17:19 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 【地域デザインの学校 i... | 【地域デザインの学校in... »

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1044

コメントする