« 地デザ虎の巻〜入学式編@... | 地デザ虎の巻②〜下山門編... »

「地域デザインの学校 in 大分」スタッフ研修開催!


12月10日スタート!初めて福岡県をとびだして、大分市での開催となる地域デザインの学校 in 荷揚・中島・住吉。その開催に向けスタッフ研修を大分市市民協働推進課のみなさん向けに開催いたしました。

なぜ「スタッフ」に研修が必要?

DSC_1832-2.JPG

「地域デザインの学校」は受講生によるグループワークが中心です。講師の話を一方的に聞く場でも、決まった「答え」を導き出す場でもありません。

そのため、受講生が遠慮をせずに自分の思いをぶつけ合いあったり、お互いの意見を尊重したりしながら、新しい気づきとともに前に進んでいく気持ちを持てる「学び合いの場」が重要となります。

講座を進めていく上で、ドネルモの職員だけではなく、様々な方にも運営スタッフとして参加していただきます。より良い「学び合いの場」には、スタッフの効果的な雰囲気作りや声かけが重要なポイントとなってきます。したがって、事前に「スタッフ研修」において、運営スタッフには、本事業の趣旨や概要だけでなく、グループワークの内容・設計意図、受講生への接し方や働きかけの仕方などについての理解を深めてもらうことが欠かせません。

とはいえ目的やコンセプトを聞いただけでは、実際何をやったらいいか判りにくいですよね?良い「学び合いの場」を作るには良い「学び合いの場」を体験するのが一番!そこで、スタッフ研修では「地域デザインの学校」に「体験入学」をしていただく形式を取っています。

「体験入学」では…

DSC_1834.JPG

「体験入学」一時限目は「ファシリテーター体験」。正解を導く“議論”でも、日常会話の延長である“雑談”でもない“対話”の場づくりをおこなう『ファシリテーター』を体験していただきました。

グループの中で役割を変えて4回行いましたが、回数を追うごとに皆さん上達され意見も活発に出されるようになり良い「学び合いの場」づくりができていっているように見受けられました。一方で「意見がなかなか出ない時はどうしたらいいか?」や「盛り上がりすぎた時の切り替えにはどんなコツがあるか?」など、スタッフ目線の振り返りも多くあり、本番につながるポイントを共有することができました。

 

DSC_1835.JPG二時限目は「アイデア具体化ワーク」。「仲間づくり」から、仲間と一緒に「アイデアを具体化する」ことを体験していただきました。

まず、自分のやりたいことや興味のある「テーマ」を書いた紙を掲げて、2人組でミニプレゼンをする「マグネットテーブル」を実施。気になるテーマの人、一緒に活動をしたい人を互いに見つけ、テーマを共有した後それぞれ自分の興味のあるチームに分かれ、結成したチームで、模造紙とふせんを使って、『どんな』を合言葉に、自由に企画を出し合い、意見を交換します。今回は、時間も短く『どんな』で企画を深めていく前段階で終わってしまった感じもありましたが、意見を自由に出せる雰囲気作りはどちらのグループもうまくいっていました。

講義を聞いただけの時は「ちゃんと学び合いを促進する立場としてやっていけるか不安だ」という意見も出ていましたが、「体験入学」を通じ理解と自信を深めていただけたのではないでしょうか。

この「ファシリテーター体験」や「アイデア具体化ワーク」は、もちろん「地域デザインの学校」の中でも行われます。これらの方法は活動の中だけでなく、日常の仕事でも生かしていただけますよ!

(卒業生の中には実際に企業内の職員研修でも活用されている方もいらっしゃいます。)

 


 

地域デザインの学校 in 荷揚・中島・住吉は12月10日日曜日 コンパルホールからスタート!

講座の模様はHP・Facebookにて逐次ご報告いたします。

どのような方に参加していただけるのか、どのような「学び合いの場」になるのか、そしてそこからどのような活動が生まれるのか楽しみです。

 


17/11/27 14:27 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 地デザ虎の巻〜入学式編@... | 地デザ虎の巻②〜下山門編... »

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1119

コメントする