« 地デザ虎の巻②〜下山門編... |

福岡市『新任公民館職員研修講座』の講師を務めました。


代表山内が福岡市の『新任公民館職員研修講座』の講師を務めました。

24129855_1215959951837588_5521690520440258536_n.jpgご依頼いただいたのは「効果的な連携事業の進め方」というお題でしたが、「連携」について、他の回ではあまり触れられていなかったので、全6回の講座の最終回ながらも、まずは「公民館が連携事業に取り組む意義」をしっかりと考えていただきたいということで、グループワーク形式で講座を行いました。

24273759_1215959998504250_6732085878223935487_o.jpgさすが、選任されるにはコミュニケーション能力の高さが必須の館長さん&主事さん。グループのメンバーへの気遣いのされ方、また地域資源や事例についてのアイディアの豊富さは私たちの予想以上で、とても活発な「対話」が生まれるワークになりました。

 

 

 

今回のワークは「地域デザインの学校」などよりも講師の話を聞く時間が長かったのですが、その分、話しの合間に丁寧にグループで内容と気づきを共有するという時間をとりました。

この方法は、座学をただ座って聞いて自分の頭の中で「知識」を獲得して終わり、ではなく、振り返ってグループの皆さんで「気づきの共有」をすることで、自分の気づきが再確認でき、さらに深め拡げることもできて、大きな実りをもたらすことができる方法であることを再確認することができました。

公民館は社会教育の場です。社会の中でお互いが教え教わるという社会教育の根っこの部分に「気づきの共有」のようなことがあるのではないでしょうか。講座の内容もですが、今回のワークでの体験もこれからの公民館運営の一つのヒントになっていただけるといいなと思いました。

 


17/11/30 15:25 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 地デザ虎の巻②〜下山門編... |

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1124

コメントする