« 公民館コラボラボ① 全1... | 地域デザインの学校inの... »

生涯学習関係職員実践講座@佐賀


生涯学習関係職員実践講座の講師を務めてきました

ドネルモの代表山内とスタッフ石山が佐賀県生涯学習センター(アバンセ)が主催する生涯学習関係職員実践講座の講師として登壇しました。

■日時:9月26日(木)10:00~15:00
■会場:アバンセ
■テーマ:地域でつくる!学びあい・支えあいの暮らし
■対象:生涯学習・社会教育関係職員
■定員:30名

アバンセについて
アバンセは、男女共同参画社会づくりをめざす拠点施設として、あるいは、県民の皆さんに広く生涯学習に取り組んでいただくための中核施設として、平成7年3月に開館し、以来、人材育成をはじめさまざまな学習や交流の機会を提供し、「県民みんなの広場」として親しまれています。(アバンセのHPより)
http://www.avance.or.jp/index.html

①「地域デザインの学校」ってなんだろう?
~多様な関りからつなぐ担い手づくり~

DSC_2412.JPG

午前中は地域デザインの学校についての講義を行いました。

地デザで大事にしているコンセプトやこれまで地デザで生まれた卒業生の活動紹介などお話をしました。


 

 

 

②みんなでやってみる!「地デザ」を体感
~学びあいを促し、地域活動につなげるワザ~

42557766_1523436011089979_1631943746910158848_n.jpg

午後は、山内とワークの進行はスタフ石山が担当です。

地デザで実際に行っている「話し合いのやり方講座」を体験してもらいました。

地デザでは雑談でも議論でもない対話を大事にしていることや、ファシリテーションについて説明を行った後、実際に4人1組のファシリテーションワークを行いました。

参加者のみなさんは、ワークの難しさに戸惑いながらも、取り組む姿勢はとても前向きでした。
会場はとても良い雰囲気だったように思います。


講座後の参加者からは

・『地域デザインの学校』の実践内容が、自分の職場での活動に反映できそうだと思った。
・自分がファシリテーターをすることに対して気づきや意見をもらうことができ、自分を振り返る良い機会となった。
・話し合いへの苦手意識はあるが、良い話し合いができる雰囲気づくりには全力で協力したい。

などの感想をいただきました。

参加者のみなさんの生活の中や現場で活かせる学びや気づきになったのだと感じました。


18/10/05 17:00 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 公民館コラボラボ① 全1... | 地域デザインの学校inの... »

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1150

コメントする