« 3.地域デザインの学校 ... | 実施レポートin防府(2... »

Danching Frontier~ 2030年代の団地における新しい暮らし方・働き方(イベントは終了しました)


【HP用】Danching Frontier.jpg

Danching Frontier~ 2030年代の団地における新しい暮らし方・働き方~

団地の暮らし。
みなさん、どんな印象をお持ちでしょうか?

日本では、高度経済成長期に、当時最先端の暮らし方として、団地暮らしは生まれました。そこから、子育て世代がステップアップのために住む場所になり、やがてライフスタイルの変化や高齢化が進むにつれて、団地の立ち位置も大きく変化。かつての賑わいを失っている箇所も少なくありません。

でも、どうでしょうか。超高齢社会を迎え、人々のつながりが改めて求められている昨今、「人々が集まって暮らす」かたちである団地の暮らしには、むしろこれからの可能性に満ちているように思います。団地こそ、既存の枠組みでの対応が難しい、だからこそ冒険のできるフロンティアだと感じています。

今回は、ビジネスや福祉で先端を行くゲストのトークを交えながら、「ひとりではなく、みんなで暮らす」という団地のあり方に、これからの暮らし方や働き方を模索していきます。

これからの暮らしを考えているみなさま、ぜひご参加ください!

イベント詳細

----------

【日時】
2020年2月1日(土)
16時~18時 トークイベント
18時~19時 交流会

 【会場】
リノベーションミュージアム冷泉荘1階イベントスペース
(福岡市博多区上川端9-35)

【定員】
30名程度

【参加費】
トークイベント:無料
交流会:500円

【申込方法】
《メール》《FAX》のいずれかでお申し込みください。
お申し込みの際は、下記項目についてお知らせください。

①名前(ふりがな)
メールアドレス
電話番号

【主催】
東邦レオ株式会社
NPO法人ドネルモ

【問合せ先】
NPO法人ドネルモ
℡ 092-409-5762
Mail donnerlemot@gmail.com

----------

当日の内容

----------

1、はじめに「団地というフロンティア」
東邦レオ株式会社・吉田 啓助×ドネルモ・山内 泰

2 ゲストとのトークセッション
・澤田真賢さん(Co-studio株式会社)
「イノベーションの生み出し方~これからの新規事業」

・嶋根秀幸さん(Faustbeat)
「これからのコミュニティとしごと」

・宮川伸吾さん(なごみの家)
「超高齢社会における団地の暮らし」

3 交流会

----------

イノベーティブな冒険を目指す開拓民のみなさま、ぜひご参加ください!


20/01/20 14:40 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 3.地域デザインの学校 ... | 実施レポートin防府(2... »

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1173

コメントする