« 【報告】Danching... |

平成31年度 公民館フォーラム開催!インターン植松がレポートします!


1月29日に開催された『公民館フォーラム』。昨年に引き続き、ドネルモ事務局長宮田が企画・コーディネートを担当しました。
今年度のフォーラムの様子をインターン植松がレポートします!

公民館フォーラムとは

共創のまちづくりが大切だと言われていますが、どうしたらよいのだろうと困っている公民館は多いのではないのでしょうか?

そんな思いに応えるべく令和2年1月29日(水)に「福岡市公民館フォーラム」が開催されました。今回のフォーラムでは『共創のまちづくりの充実に向けた、公民館の「地域と事業者をつなぐ」役割について』をテーマに3つの公民館の取組事例が発表されました。

 取り組みが難しいこのテーマに対し、取組事例の紹介やディスカッション通じて、公民館の役割について再考する場となりました。

 初めに

修正IMG_4340.jpg福岡大学の添田祥史先生からどのように取り組み事例を学べばよいのかレクチャーをしていただきました。
公民館業務は地域の事情などで異なりマニュアル化しにくいので、ひとつひとつの活動の背景になっている信念や考え方といった暗黙知を言語化する重要性を熱く語られました。

 

第1部

各公民館での取り組みを発表していただきました。ドネルモ宮田がファシリテーターを務め、添田先生とともに質問を通じ、各公民館での取り組みを深堀りしていきました。

取り組み発表をした3館。修正 IMG_4357.jpgのサムネール画像

堅粕公民館・添田館長と福地主事
舞鶴公民館・三坂館長と大石主事
宮竹公民館・栗崎館長と大本主事

各校区をよりよいものにしていくために積極的に地域の駅、飲食店、クリエイターの方々といった事業者の方々とつながり、実際に校区の人々が集まる場ができていたことが印象に残りました。

第2部

修正 IMG_4383.jpgのサムネール画像美野島公民館の古屋館長と緒方主事、むすびの会・石川さん、博多区地域保健福祉課・宮原さんに美野島校区での介護教室「あんしん美野島コンシェルジュ」の取り組みをご紹介いただきました。

あんしん美野島コンシェルジュでは、介護予防のトレーニングや体操を行う”わいわいジム”と”あんしん介護相談室”というミニ講演をテーマを変えて、介護事業所ネットワークの様々な事業所と連携し月1回行っています。
わいわいジムとあんしん介護相談室の講師は、月替わりでネットワークの中の事業者の方が行います。

公民館の思いがなかなか実現しない中、校区担当の保健師さんと出会い、公民館と事業所をつないでもらったことであんしん美濃島コンシェルジュの発足にこぎつけることができたそうです。

公民館と事業者がつながるためにはその橋渡しをしてくれる存在が非常に大切だということを実感しました。

 フォーラムに参加した感想

修正 IMG_4333.jpg

公民館だけで活動するのではなく、事業者の手も借りて活動を展開することで幅広く、おもしろい活動ができるのではないでしょうか。


このフォーラムで他の公民館の事例から学んだことをきっかけにして各校区での取り組みが加速されるのではないかと個人的に期待が高まりました。

また、館長さんたちの話を聞いて、公民館の持つ可能性やその熱意に気づくことができました。熱い思いを事業者と協力しながら実現していく過程はまさに共創と呼べるのではないかと思います。身近な事業者の人たちとともに地域を盛り上げていくことができることを学ぶよい機会となりました。

 


20/02/28 16:33 | コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Buzzurlへ追加このエントリーのBuzzurlブックマーク数 livedoorクリップへ追加このエントリーのlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークへ追加人が登録 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafへ追加 ニフティクリップへ追加 add to del.icio.us add to Digg add to Reddit

« 【報告】Danching... |

関連記事

|


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://donnerlemot.com/mt/mt-tb.cgi/1177

コメントする